サックス記事

現代マウスピースからあのアーティストの音色を探せ!

米田裕也がヴィンテージとオススメ現行品を試奏検証
米田裕也 試奏プレイヤー
米田裕也
Yuya Yoneda

3歳よりピアノを始め、12歳よりサックスを始める。 2001年、国立音楽大学に入学し、同大New Tide Jazz Orchestraに所属。2004年に出場した第35回YAMANO BIG BAND JAZZ CONTESTでは、18年ぶりに最優秀賞を授賞すると共に、最優秀ソリスト賞を授賞。以後、世界的ジャズピアニストである山下洋輔氏と共演を果たし、プロとしての活動を開始。 2005年よりレギュラー参加している「山下洋輔ニューカルテット」では、これまでに台湾・台中ジャズフェスティバル、札幌ライジングサン、題名のない音楽会の他、様々なイベントに出演。 2009年よりレギュラー参加している「山下洋輔Solo&More」では、トルコ・アンタルヤジャズフェスティバル、フィンランド・コルスホルム音楽祭に出演。 自身のセッションや山下洋輔ビッグバンド、内堀勝MUビッグバンド、東京リーダースビッグバンド、スタジオワークで活動中。

石森信二 アドバイザー
石森管楽器店長
石森信二 氏

石森管楽器
東京都新宿区百人町1-20-23 
TEL:03-3360-4970 
FAX:03-3360-4590 
定休日:第1、3水曜日

サックスは吹き手によって様々な個性が音色に表れる。その音色を作るのはプレイヤー自身ではあるが、楽器やマウスピースが重要な役割を担っているのは間違いない。
そこで今回の第2特集では、誰もが知っているジャズ・ジャイアンツが使用していたヴィンテージ・マウスピースをはじめ、いまでは希少なヴィンテージのマウスピースを編集部がピックアップ。そんな入手困難なヴィンテージ・マウスピースに替わりうる現行のマウスピース、ポストヴィンテージ・マウスピースを石森管楽器店長の石森信二氏にそれぞれ選んでもらった。
また、実力派プレイヤーの米田裕也氏がそれらヴィンテージ・マウスピースと、ポストヴィンテージ・マウスピースを試奏検証。
今では入手困難なヴィンテージ・マウスピースのDNAを受け継ぐ現行マウスピースから、あのアーティストの音色が見つかるかもしれない。

メイヤーラバー
ポストヴィンテージ・マウスピース
Wood Stone Traditional Jazz(ウッドストーン トラディショナル・ジャズ)
Mouthpiece Café N.Y.Cafe Bros(マウスピースカフェ N.Y.カフェ・ブロス)
Meyer Rubber(メイヤー ラバー(現行モデル))
セルマーソリストスタイル
ポストヴィンテージ・マウスピース
Selmer Soloist(セルマー ソロイスト(現行モデル))
Mouthpiece Café Espresso(マウスピースカフェ エスプレッソ)
Pillinger Soloist Model(ピリンジャー ソロイスト・モデル)
ブリルハート
ポストヴィンテージ・マウスピース
Wood Stone Prototype(ウッドストーン 試作モデル)

 

ボビーデュコフ
ポストヴィンテージ・マウスピース
Dukoff Metal(デュコフ メタル(現行モデル) ※注:シルバーライト素材)

 

次のページには、あのテナージャイアンツたちの音色を生み出すマウスピースを!

 

 

1   |   2      次へ>      
【関連キーワード・アーティスト】

米田裕也








メニューリスト