サックス記事

ジャズアルトの巨星、フィル・ウッズの遺産

Forever Mr.Jazz Alto Legacy of PHIL WOODS

2015年に世を去ったモダンジャズ黄金期を知る偉大なるジャズジャイアンツ、フィル・ウッズ。チャーリー・パーカーから直に薫陶を受けた最後の世代であり、生涯を通してジャズアルトの王道を歩み続けた。日本との縁も深く、東日本大震災の直後に来日公演を敢行して我々に勇気を与えてくれたのを憶えている人も多いだろう。後進の多くのプレイヤーや音楽ファンをプレイのみならず人柄でも魅了した、ミスター・ジャズアルトの遺した功績を称え、彼に捧げよう。


● 次のページに続く
・激動の音楽人生を歩んだフィル・ウッズの足跡
・ジュリアード音楽院で学び、サックス奏者・作編曲家として成長
・敬愛するパーカーの未亡人と結婚し、新天地フランスへ
・アメリカに戻り多彩な活動をする中で、あの名演が生まれた
・国内人気プレイヤーたちが寄せた敬愛するフィル・ウッズへの追悼メッセージ
・これだけは聴いておきたいフィル・ウッズ名盤10選


1   |   2   |   3   |   4      次へ>      
【関連キーワード・アーティスト】

フィル・ウッズ

この記事の続きはCLUB定期会員限定です。メンバーの方はログインしてください。 定期会員に入会するとこの記事をすべてお読みいただけます。







メニューリスト