サックス記事

土岐英史 6年ぶりのリーダー作「Missing What? 」をリリース!

THE SAX vol.80

ジャズ、フュージョン、ポップスと、すべてのジャンルでトップ・プレイヤーの地位を築き上げた、日本では唯一無二の存在と言えるサックス奏者、それが土岐英史だ。後進の育成にも力を注ぎ、現在の人気若手プレイヤーの中にも彼を師と仰ぐ者は数多い。そんな日本サックス界の重鎮が、6年ぶりとなるリーダー作を発表した。自らのペンによるオリジナル・ナンバーを中心に、オーセンティックなジャズに真っ向から自然体で挑んだ傑作「Missing What?」に込められた想いとは!?
インタビューの模様は、THE SAX 80号に掲載!


土岐英史
レコーディング・メンバー(左から)坂井紅介(Bass)、片倉真由子(Pf)、土岐英史(Ss,As)
市原ひかり(Tp,Flh)、中島朱葉(As)、奥平真吾(Ds)
土岐英史 Missing What?

土岐英史 CD Information

「Missing What?」土岐英史
【YCCS-10059】¥2,778(税抜)
【VSCD3147】\3,000(税込)
[曲目]EARLY SUMMER、AT THE JAZZ CLUB、DEAR E、IN THE WEE SMALL HOURS OF THE MORNING、GIVE ME A MUSICIAN'S BREAK、AFTER DARK、WATER PLEASE!、YOUR BIRTHDAY、THE LONGING YOU
[演奏]土岐英史(As,Ss)、中島朱葉(As)、市原ひかり(Tp,Flh)、片倉真由子(Pf)、坂井紅介(Bass)、奥平真吾(Ds)


土岐英史

Profile :  土岐英史(ときひでふみ)
1950年2月1日神戸市出身。大阪音楽大学卒。鈴木勲グループ、宮間利之とニューハード、日野皓正グループなどで活動し、75年に初リーダー作『TOKI』をリリース。79年に松岡直也ウィシングに参加。85年に山岸潤史らと“CHICKEN SHACK”を結成して91年まで活動(2013年にリユニオン)。89年に自己のグループ“TOKI & CRUISING”を結成。86年から2011年まで山下達郎のツアーにも参加。現在はジャズからポップスまで幅広く活動している。


特典★定期会員でご希望の方には、土岐英史のニューアルバム「Missing What?」に収録された『IN THE WEE SMALL HOURS OF THE MORNING』の楽譜をプレゼント!お見逃しなく!

※2017年1月24日〆切となります。お申込みはお早めに!
※現在会員の方で楽譜ご希望の方は、アルソ出版通信販売部までご連絡ください。
申込みフォームはこちら
アルソ出版通信販売部
電話:03-6908-1121  メール:info@alsoj.net


▼THE SAX CLUB (定期購読) 詳細・申込みはこちらから▼

SAX CLUB1年会員申込み

SAX CLUB2年会員申込み