「The Guitar Man」土岐英史

THE SAX vol.103│Disc Review【JAZZ】

「The Guitar Man」土岐英史

【DOD-009】¥2,200(税込)
Days of Delight
[演奏]土岐英史(A.Sax)、竹田一彦(Guit)、宮川純(Org)、奥平真吾(Ds)
[収録曲]The Guitar Man、Two Flowers、Everything Happens to Me、Breaking Dawn、Gee Baby, Ain't I Good to

 

ジャズ、フュージョン、R&B、ポップスなど幅広いジャンルで活躍している土岐英史氏が、関西ジャズ界のレジェンドギタリスト 竹田一彦氏と珠玉のブルース&バラードのアルバムを9月にリリースした。竹田氏は、1936年生まれの御年84歳で、1960年頃から自身のグループで演奏し、ケニー・ギャレット、ビル・エヴァンス、日野皓正など国内外の一流プレイヤーと共演し、抜群の信頼を得ているギタリスト。現在もコンスタントにライブを行なっている。 土岐氏は大のギターフリークということで、竹田氏との共演をかねてより希望しており、今回のアルバムで実現した。さらに、宮川純氏、奥平真吾氏という日本を代表するミュージシャンが脇をかためている。当代随一のブルース・フィーリングをもつ土岐氏と竹田氏が絡み合うブルース&バラードは絶品で、聴く者を至福の時間へと誘ってくれる。