サックス 記事画像

苦手意識を克服!高音域を吹きこなす!

THE SAX vol.77 特集1

\THE SAX Club 会員限定コンテンツ/
SAX Club会員の方は、記事の全文がお読みいただけるようになりました!(全文は次のページから)

初心者のみならず、中級以上のサックスプレイヤーにとっても吹きこなすのが難しい高音域。THE SAX77号では、オクターブキィを使った音域、パームキィ、サイドキィを使った音域、フラジオまでを範囲にクラシック&吹奏楽、ジャズ&ポップス、それぞれの分野を代表するサックスプレイヤー原ひとみと土岐英史の2氏がレクチャーしてくれた。

原ひとみ
原ひとみ

プロフィール
原ひとみ
(はらひとみ)

東京藝術大学卒業、同大学院修了。在学中、東京文化会館推薦音楽会出演。第4回日本管・打楽器コンクールサクソフォーン部門第3位。第9回、第10回、第17回ワールドサクソフォーンコングレス出演。トルコ共和国に招聘され、国立チクロバオーケストラと共演し好評を博す。ソロ、室内楽、オーケストラ、吹奏楽等で活動。東京吹奏楽団団員。ノワイエサクソフォーンアンサンブル、アンサンブルオットヴォーチ、トリオ・クリスタルピラミッドなどで活躍。桐田正章、冨岡和男、大室勇一、阪口 新の各氏に師事。聖徳大学音楽学部附属高校及び洗足学園音楽大学、筑波大学附属視覚特別支援学校、各講師。本誌「THE SAX」で「ひとみ先生の誌上レッスン~Let’s try together!」を2003年から10年間連載。

 
土岐英史
土岐英史

プロフィール
土岐英史
(ときひでふみ)

大阪音楽大学付属高校クラリネット科、大阪音楽大学サックス科卒業。阪口新氏に師事。学生時代から多くのアーティストとセッションを重ね、74年には自身のカルテットを結成。アルバム『TOKI』『LOVERMAN』を発表。山下達郎、坂本龍一ともセッション。海外アーティストとも交流し、NYやLAでレコーディング。映画「ザ・ライダー/よみがえるヒーロー」の音楽を担当するなど、その活躍は多岐にわたる。85年結成「CHICKEN SHACK」と89年結成「TOKI & CRUISING」では数多くのアルバムをリリースし、定期的なライブを行なう。90年には、ブラジルのボーカリスト、レイラ・マリアのプロデュースも行なった。パリのライブハウス「NEW MORNIG」の10周年ライブにも出演。現在、大阪音楽大学にて客員教授として後進の指導にあたる。

 

クラシック&吹奏楽

「クラシック&吹奏楽」の分野で、奏者としてだけでなく指導者としての経験も豊富な、原ひとみ氏。高音域にありがちな様々な事例について、考えられる原因と対策を教えていただいた。高音域にクローズアップすることで、サックス演奏の基礎を見直すことにもつながることが分かった!

Case1 高音が安定しない!
こうやって攻略 構え方を再確認する

原ひとみ サックス姿勢
原ひとみ サックス姿勢

オクターブのド#を押さえた状態で、まずは構え方を確認してみましょう。ド#の運指は、オクターブキィを押すだけでフロントキィはどれも押さえていない状態になるので、どうしてもグラグラします。
中・低音は、たくさんのキィを押さえて楽器をつかんでいるので安定しますが、高音はどんどんキィから指を外していくので、管そのものをつかめなくて不安定になります。それで安定した姿勢を保てず、上の音まで吹くことが難しく感じるのかもしれません。
ストラップが遊んでいると当然グラグラするので、対策としては、首からサックスを吊るした状態で楽器を自然に構え、そのまま両手で少し楽器を前に押し出して、ストラップをピンと張ってみること。そしてアンブシュアとストラップと手で楽器を支える。その関係を上手く保ちながら、高音域に上がっていってみましょう。以前よりも安定感が得られると思います。その際、手で楽器を持ち上げてしまうと身体への負担が大きくなりますので、持ち上げないよう注意しましょう。

 

Case6 音がひっくり返る
こうやって攻略 基礎的な要素を改善する

ひっくり返るというのは、倍音が出やすくなるということ。口の中の容積があまりにも広すぎたり、舌が奥まったり上がったり暴れたり、そんな時に倍音が出てしまいます。それを防ぐには、サックス演奏の基礎的な要素を改善する必要があります。

 

ここでチェック! 振り返ってみよう、基礎中の基礎

舌と喉のイメージ

舌の位置

空気が管のほうにスムーズに流れるには、口の中の空気の通り道が大切です。まず、上顎は骨格なので動きません。下顎は動くけれど、その間に舌があるので、空気は上顎の屋根と舌の間をすり抜けます。だから、舌の位置が重要なのです。高音の場合は、口笛を吹く時のような舌をイメージすると、少ない空気でもスピードが速いので振動させられます。

喉の力

声を出すとき、喉に力を入れてみてください。響きがカットされませんか? 楽器も同じで、力んで息を出すと良い音が出ません。喉に力を入れないためには、子音のSをイメージするといいでしょう。日本人は文章の最後にくる“す”を言うとき、母音の“う”を発音しません。「ありがとうございます」「~です」の時に発する“S”をイメージして空気を出すと、喉に余計な力が入りにくくなります。

舌と喉のイメージ

 

高音域の練習 WEB動画連動!

出しやすい音からスラーで上向してフェルマータ。この時、音を伸ばしながらアンブシュアや空気の通り道などをリサーチしてつかむ。そして、ブレスを取った後にリサーチしたイメージを再現して音を出す。これを繰り返し練習することで、身体が良い状況を覚えるようになります。

動画連動譜例
 
動画を参考に、実際に吹いてみよう!
 

ジャズ&ポップス

ここからは、ジャズやポップス、フュージョンと、ジャンルを問わず活躍する人気サックスプレイヤー、土岐英史氏に登場いただき、アドリブプレイにも取り入れることが多い高音域を、自然に楽に吹けるようになるための秘訣をレクチャーいただいた。ぜひ参考にしてほしい。

Case1 高い音が出ない!
こうやって攻略 高音域を吹く前に

譜例4

あなたが初心者なら、高音にチャレンジする前に、中音域、低音域でしっかり音を出せるようにしたほうが良いでしょう。高い音は、アンブシュアを締め気味に吹くので、初心者のうちは難しいですし、締めすぎてしまって音が出なくなってしまうケースが多いのです。フラジオはなおさらです。 高音域で出にくい音が見つかったら、その半音下の音が出るかチェックしましょう。出したい音を山の頂点にして、半音で上行〜下行という練習を提案します。

譜例4
 

Case4 正確なピッチで吹きたい
こうやって攻略 ピッチは吹いてから確かめる

土岐英史

吹奏楽やビッグバンドなどの合奏の場面で、よく「ピッチが高い」と言われることがありますね。その時、高くならないようにと意識しすぎて、余計に高くなったという経験はありませんか? ピッチの安定感が得られないのは、息をど真ん中に入れてないからだと思います。守りに入って意識しすぎると絶対に高くなります。 正確なピッチで吹きたいなら、思い切ってチューニングメーターを見るのをやめることです。じゃあ、どうやって合わせるか。ピアノの音で確かめると思うでしょう? そうではなく、まずは何にも頼らず、自分のサックスで音を出してみる。それからピアノを弾いて、自分の音程が合っているかを確かめる。ひとつの音だけでなく、すべての音で。これが有効な対策です。

土岐英史
 

次のページから他にも詳しく解説! ぜひ、参考にしてみてください。

この記事の続きはCLUB定期会員限定です。メンバーの方はログインしてください。 定期会員に入会するとこの記事をすべてお読みいただけます。

1   |   2   |   3      次へ>      

【関連キーワード・アーティスト】

原ひとみ土岐英史






手袋をはめたまま…… 超極細繊維のマイクロファイバ

01.20.19

ユニチカトレーディングによる超極細繊維のマイクロファイバークロス「ミクロディアFSY」でできた、グローブ
続きを読む>>

ブルーオーロラ サクソフォン・カルテット Reci

01.17.19

サックス界の革命児、平野公崇が2011年に結成したブルーオーロラ サクソフォン・カルテット。Recita
続きを読む>>

纐纈歩美 常に進化を続ける人気プレイヤーの新たな挑

12.07.18

レギュラーメンバーでオリジナル曲を中心に取り組んだ意欲作「Aquarelle」から早くも1年、常に進化を
続きを読む>>



 

ページトップへ

メニューリスト