画像

DAVE KOZ 美しい音色と歌心で人々を魅了するスーパーサックスプレイヤー

THE SAX vol.86 Interview

聴くものすべてをハッピーにしてくれるサックス・プレイヤー、デイヴ・コーズ。そんな彼が今年の9月に、ブルーノート公演のために来日。忙しいツアースケジュールの合間をぬって、インタビューに応じてもらった。新作のクリスマス・アルバムや近況、今後の活動予定など話は尽きず、笑顔に溢れるひとときとなった。
(文:櫻井隆章/協力:ブルーノート東京、ユニバーサルミュージック)

 

日本のファンにもすっかりお馴染みの存在となったデイヴ・コーズ。1963年ロサンジェルス生まれだから今年で54歳だが、実に若々しくエネルギッシュ。そして必ず大満足のライブを見せてくれることでも人気だ。そんな彼に、直接インタビューすることができた。彼はこの秋にクリスマス・アルバムを発売している。彼にとっては実に4枚目となるクリスマス作品なのだが、そのあたりから聞いてみた。

 

オリジナル・メンバーで収録した新作

――
人気のあるクリスマス・ナンバーって結構多いですが、それでも限りがあると思います。同じ曲を取り上げることになったりしたのではありませんか?
Dave
いや、そうでもないんだ。確かにクリスマス・ナンバーの人気曲は限りがあるけど、アレンジが変れば全く別の曲になる。今回のアルバムは、6割ほどは初めて取り上げた曲になった。それ以外は新しいアレンジにしてまったく別の曲になったよ。それに、そのアルバムには信じられない程の豪華なゲストを迎えることができたたしね。デイヴ・コーズ&フレンズのオリジナル・メンバーに加え、スティーヴィー・ワンダーにエリック・ベネイ、メイザ・リークやグロリア・エステファン、そしてジョナサン・バトラーなどだ。こんな人たちが参加してくれれば、そりゃ違ったものになるさ(笑)。それに、僕は年末のクリスマス・ツアーを続けて、もう20年にもなるしね。そのツアーの内容も、毎年変えているんだ。毎回ショウの内容が変るからこそ、毎年多くのお客さんが観に来てくれているってことじゃないかな? 僕は同じことを繰り返すのが嫌いでね(笑)。僕の毎日もそうなんだ。今年の夏は、ベーシストのラリー・グラハムと一緒にツアーしていてね。『ファンク・サマー・ツアー』と名付けていたんだが、それが終って今回用のリハーサルをし、アジアに向けて出発して、今回のライヴになった。毎日が違っていて、実にフレッシュだよ(笑)

(続く)

 

プロフィール
デイヴ・コーズ

ボビー・コールドウェルにリクルートされ、キャリアをスタートさせる。その後、リッピントンズやトム・スコットのバンドで名を上げ、フュージョン系のファースト・コール・ミュージシャンとして活躍。1990年、ケニー・Gを世界に送り込んだ名キーボーディスト ジェフ・ローバーの尽力により、名門キャピトルとセルフタイトルのアルバムでデビュー。1994年には自らパーソナリティを務めるラジオ番組をスタートさせ人気を博す。6度のグラミー賞候補歴を持ち、現在スムース・ジャズ・シーンの頂点に立つ名実共に人気のサックス奏者。

 

Dave Koz

Dave Koz And Friends 20th Anniversary Christmas


[CRE00567] Concord Records
[演奏]Dave Koz(Sax)、David Benoit(Key), Rick Braun(Tp), Peter White(Guit)、他
[収録曲]Winter Wonderland、Joy to the Wonderful World、Christmas Time Is Here、Feliz Navidad、Hark! the Herald Angels We Have Heard on High、Have Yourself a Merry Little Christmas、O Tannenbaum、Silent Night、 Hallelujah、O Little Town of Bethlehem、The Home Medley

 


 

【86号で定期購読会員の方へプレゼント】※2018年1月24日まで
☆デイヴ・コーズNEW CDより楽譜『Christmas Time Is Here』(for Ss)
コード付きソプラノ・サックスのフルコピー譜面!
本号のインタビューでも本人が完成の手応えを語ってくれているデイヴ・コーズのニューアルバム「Dave Koz and Friends 20th Anniversary Christmas」。この話題作に収録されたヴィンス・ガラルディ作でピーナッツ・シリーズのアニメのために書かれた定番クリスマス・ソング『Christmas Time Is Here』のフルコピー楽譜を会員の方全員にプレゼント。本号から入会の方にも適用されます。


Concord Music公式サイトより〜Dave Koz『Christmas Time Is Here』

SAX CLUB1年会員申込み

SAX CLUB2年会員申込み

 


この記事の続きはCLUB定期会員限定です。メンバーの方はログインしてください。 定期会員に入会するとこの記事をすべてお読みいただけます。

1   |   2   |   3      次へ>      
【関連雑誌・キーワード・アーティスト】

Dave Koz




話題のマウスピースを藤野美由紀が徹底検証 Jody

10.08.19

個体差のないクオリティの高さと個性豊かなラインナップで、国内外のプロ奏者をはじめ多くのプレイヤーを虜にす
続きを読む>>

かわさきジャズ2019 ジャズは橋を架ける

10.11.19

「音楽のまち」神奈川県川崎市で地域全体を大きなステージと捉えた大型ジャズ・フェスティバルが、「かわさきジ
続きを読む>>

インペトゥス・サクソフォン・アンサンブルインタビュ

10.16.19

若手音楽家集団が、インペトゥス・サクソフォン・アンサンブル。 フランスをはじめとするヨーロッパの地で研鑽
続きを読む>>



メニューリスト