「Chika & Scott:Unfettered (アンフェタード)」

Disc Review【CLASSIC】

「Chika & Scott - Unfettered (アンフェタード)」

[収録曲]シューベルト : アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D821、シューベルト:白鳥の歌 第4番 (セレナーデ)、モーツァルト:アダージョ ロ短調 K. 540、モーツァルト:〈ああ、お母さん聞いて〉による12の変奏曲 ハ長調 K.265/300e《キラキラ星変奏曲》、シューベルト:エレンの歌 第3番 作品52-6 D. 839(アヴェ・マリア)

 

ロサンゼルスを拠点に活動するサクソフォン奏者の井上知香とギタリストのモリス・スコットによるデュオ、『Chika & Scott』 待望の1stアルバム。
サックスとギターという国内では珍しい編成ながら、古典・ロマン期のクラシックの名曲をギターとサクソフォンで見事に体現し、それぞれの楽器の持つ魅力を引き出している。特に、クラシックにおけるギターとサックスの「相性の良さ」、「表現の幅の広さ」が随所に感じられ、シンプルながら“奥行きの深さ”を感じる仕上がりとなっている。
また今回のアルバムは、フランク・シナトラ、ナット・キング・コール、ポール・マッカートニーら歴史的アーティストが収録したキャピトルレコードの「スタジオA」でレコーディングしており、プロデューサーにニコ・ボラス、エンジニアにグラミー賞通算22回受賞のアル・シュミットとシャンドラー・ハロッドを迎えるという超豪華な布陣で制作されている。そのあたりも聴きどころのひとつだ。
楽曲は下記から視聴・購入もできるとのこと。ぜひチェックしてほしい。
https://www.chikaandscott.com/