画像

ファーガソンに学ぶ オレ流ハイノートヒッターの育て方

THE TRUMPET vol.6 | 特集1

トランペット吹きなら誰でも一度は夢見るハイノートヒッター。しかし、そこに辿り着くのはごくわずかな選ばれし者たちだけ、と思って諦めている人も多いのではないか。そこで今回は、ハイノートヒッターの代名詞でもあるメイナード・ファーガソンに憧れて鍛錬を積み、その頂に到達した本邦の名手に話を聞き、その秘技を探る。
(文:埜田九三朗)

 

「成層圏」での本格的な「飛翔」は、憧れから始まった
〜Atsuki(FIRE HORNS)

Atsuki

そもそも、金管楽器のアマチュアへの指導においては先述の第16倍音以上の「ダブル」領域はおろか、そのオクターブ下の第8倍音前後の音域について語られることは少ない。初心者には「難しい」音域とされ、先輩が後輩をゲンコで指導する、といった昔かたぎの「ど根性吹奏楽」では、初心者がそのあたりに挑戦しようものなら「百年早い!」と、はてしなくぶっ飛ばされたものである。ところが、いまや当代きっての美しいハイノートヒッターのひとりであるAtsukiがまさに「成層圏」への切符を手に入れたのは、まさにそのようなやり方からだった、とご本人は語る。

 

ファーガソンのサウンドを追求して15年
〜三宅コージ(MFTB)

Atsuki

横浜を中心に活動するMF Tribute Band(MFTB)は、三宅コージがリーダー&MFパートを務める、文字通りの「MFトリビュート」なバンド。MF自身のバンド編成 ("Maynard Ferguson & Big Bop Nouveau" と1970年代の"the MF Band")を基本として、MFの楽曲だけにこだわる「アマチュアバンド」として国内はもとより海外からも注目を集め、結成の翌年にはMF本人からも公認された。通常のビッグバンド編成より少ない14人編成で、トロンボーン奏者がヴァルヴ付きのスーパーボーンを使用している点でもMF のスタイルを踏襲している。そして何よりも、MFそのものが憑依したのでは……と思えるほどの三宅の演奏は圧巻だ。そんな三宅も、ハイノートだけを取沙汰されることに関しては否定的だ。

 

本編はTHE TRUMPET #06でお楽しみください!

【関連雑誌・キーワード・アーティスト】




金管五重奏 MIYABI 雅 × リーフレック

06.29.20

管楽器の響きと音量を増幅させる2枚のプレートを組み合わせた、音響改善アイテム「リーフレック」。原朋直氏を


ロシアン・ブラス・ナイト!〜菊本和昭と仲間たちによ

02.19.20

NHK交響楽団首席トランペット奏者としての活躍でも知られるトッププレイヤー菊本和昭氏が、2020年2月の


しなやかにしたたかに台頭する 美しき女子トランペッ

05.02.20

近年のシーンを見渡すと、女性トランペッターたちの台頭が著しいことに気づく。そこで今回は、女子トランペッタ


ページトップへ