吹奏楽wind-iオンライン記事:ジャパン・エックスオートロンボーン・クァルテット「コンサートツアー 2015 東京公演」
画像

ジャパン・エックスオートロンボーン・クァルテット「コンサートツアー 2015 東京公演」

2015/11/16(木)トッパンホール

ジャパン・エックスオートロンボーン・クァルテット ジャパン・エックスオートロンボーン・クァルテット「コンサートツアー 2015 東京公演」
2015/11/16(木)トッパンホール
去る11月16日(月)にトッパンホールにてジャパン・エックスオートロンボーン・クァルテット(以下JXTQ)コンサートツアー2015 東京公演が行なわれた。JXTQは2005年に結成され、これまでに国内外にて精力的に活動、講習会や音楽鑑賞会等の慰問演奏も行なっているプログループ。
今回のツアーは香川・高知・福井・東京と全国4箇所を周るスケジュールの中、各公演6曲をプログラミング。
教会楽器特有の透き通るサウンドでスタートし、続くケッツァー、シャルパンティエの高度なテクニックが要される箇所でも4人のアンサンブルが見事に協調されていた。
最後にメンバーの栗田氏が「結成11年目を迎えられました。これもみなさまのおかげでございます。本当にありがとうございます」と感謝の意を表し、メンバーを簡単に紹介。口止めされていたメンバーの年齢を公表したりと、笑いもおきながらの和やかなコンサートとなった。

ジャパン・エックスオートロンボーン・クァルテット「コンサートツアー 2015 東京公演」
[日時]2015年11月16日(木)19時開演
[会場]トッパンホール
[出演]JXTQ〈栗田雅勝/若狭和良/棚田和彦(Tb)、黒金寛行(B.Tb)〉
[曲目]B.マルチェッロ:ソナタ ヘ長調、J.ケッツァー:5つの即興曲、J.シャルパンティエ:典礼形式による四重奏曲、C.サン=サーンス:交響曲第3番 ハ短調 作品78「オルガン付き」よりアダージョ、J.P.ヴァンベゼラール:ラ・ミリス・デュ・ファール、T.ペダーソン:組曲「サウス・オブ・ザ・ボーダー」より〈パスポートを持って/パナマ・ペッパー/スペインの水車〉

 


 

PROFILE

ジャパン・エックスオートロンボーン・クァルテット

栗田雅勝 − Masakatsu Kurita −
岡山県出身。血液型:AB型。東京芸術大学卒業。1980年、西ベルリン芸術大学へ留学。1981年、ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団の契約団員となる。現在、NHK交響楽団首席奏者。洗足学園音楽大学客員教授。
若狭和良 − Kazuyoshi Wakasa −
広島県出身。血液型:B型。エリザベト音楽大学卒業。パリ音楽院(CNR)、パリ15区音楽院を一等賞で修了。第14回日本管打楽器コンクール第2位。2000年〜2005年、東京交響楽団首席奏者。現在、エリザベト音楽大学准教授。広島音楽高等学校講師。
棚田和彦 − Kazuhiko Tanada −
富山県出身。血液型:A型。東京芸術大学卒業。1990年、群馬交響楽団に入団。1998年、文化庁派遣芸術家在外研修員としてドイツに留学、Wolfram Arndt氏(前ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席奏者)に師事。現在、群馬交響楽団第一奏者。長野県立小諸高等学校音楽科非常勤講師。
黒金寛行 − Hiroyuki Kurogane −
福島県出身。血液型:O型。東京芸術大学卒業。2006年、第4回チェジュ・ブラスコンペティション(韓国・国際コンクール)バストロンボーン部門、第1位及びグランプリ受賞。第23回日本管打楽器コンクール第1位。これまでにバストロンボーンを秋山鴻市、古賀慎治の両氏に師事。2012年、ドイツ(ベルリン)に留学。現在、NHK交響楽団バストロンボーン奏者。

記事一覧 | Wind-i&mini
トピックス | レッスン | イベント | 人物 | 製品