サックスオンライン_サックス奏者ガイド|大森明|Akira Omori大森明
画像

大森明 |
Akira Omori

PROFILE使用楽器掲載記事 ライブ情報ディスコグラフィ
PROFILE プロフィール

1949年生まれ、福岡県出身。高校時代よりプロ活動を開始。その後、国立音楽大学、バークリー音楽院に学び、在学中からソロイストとして活躍。卒業後8年間のニューヨーク滞在中チャーリー・ミンガスのレコーディング「Me Myself An Eye」「Somethin’ Like A Bird」に参加。1979年、1982年のニューポートジャズフェスティバルへの出演を初め、数多くのミュージシャンとの共演を通して本格派ジャズメンとしてのスピリットを学ぶ。83年バリー・ハリス、ロン・カーター、リロイ・ウイリアムスをバックに初リーダー作「To Be Young And Foolish」を発表。84年帰国後「Back To The Wood」ではレイ・ブライアントを、「Trust In Blue」では、エルヴィン・ジョーンズをフィーチャー、2001年発表の中牟礼貞則氏をフィーチャーした「PRIMEMOMENTS」は「スイングジャーナル」誌のジャズディスク大賞にノミネートされる等、専門家筋の間でも高い評価を受けている。2006年、New York 録音作「Recurrence」、2009年、前田憲男氏との「Matin’ Time」、2015年、Hod O’Brien との「ManhattanSuite」と、常にハイクオリティーなストレートJazz を追求し続ける。教則本の制作も手がけ2005年、新刊著書「実践、Jazz Adlibシリーズ」が出版され、現在もThe Sax誌に自己の連載コーナーを持ち若手の育成にも力を注いでいる。

(2020.05 使用楽器更新)

COLUMN 掲載記事
画像

恩師リー・コニッツへ捧ぐ鎮魂歌...

2020-05-25


画像

マウスピース徹底検証 第1回「アルト・ハードラバー...

2019-11-20


画像

マウスピース徹底検証 第5回「アルト&テナー総集編...

2019-10-21


画像

大森明の「名曲アドリブ塾」...

2019-01-28


DISCOGRAPHY CD/BOOKS
< CDアルバム >
Matin' Time / Akira Omori meets Norio Maeda 2009-11-21
< 教則本 >
ジャズメッソド
実践JAZZ Ad-lib /TENOR SAX 上巻 2005-01-10
< 楽譜 >
ジャズ 模範演奏&伴奏CD付
アルトサクソフォンレパートリー/ジャズ・スタンダード名曲選 2 2005-10-20
INSTRUMENT 使用楽器
SOPRANO
SELMER Mark Ⅵ,
MOUTHPIECE
SELMER E,
LIGATURE
REED
Rico3,
CASE
ALTO
American SELMER Mark Ⅵ,
MOUTHPIECE
Meyer Ⅴ,
LIGATURE
REED
Rico 2.1/2,
CASE
影響を受けたアーティスト

サム・テイラー

影響を受けたアルバム

ゲイリー・バーツ

「Libra」

■印象に残っている演奏

Mingus Big Band


(1979年6月 New Port JazzFestival in Saratoga)


メニューリスト