サックスオンライン_サックス奏者ガイド|峰厚介|Kosuke Mine峰厚介|Kosuke Mine

峰厚介 |
Kosuke Mine

PROFILE使用楽器掲載記事 ライブ情報ディスコグラフィ
PROFILE プロフィール

1944年2月6日東京都文京区生まれ。少年合唱団を経て、中学校のブラス・バンド部に入ってクラリネットを始める。その後、東邦音楽大学付属高等学校クラリネット科に入学し、17歳頃からクラリネットでバンドのアルバイトを始め、この頃からアルト・サックスも吹き始める。18歳で加藤久鎮のグループに参加。1969年に菊地雅章のグループに加入し、解散する1973年まで在籍。1970年には初リーダーアルバム「MINE」をリリース。その後、渡米してニューヨークに2年間在住。帰国後は自己のグループで活動する一方、1978年に本田竹曠らとネイティヴ・サンを結成してフュージョン・シーンのトップ・グループとなる。以後も自己のグループ“峰クインテット”をはじめとして、Four Sounds、J.J.SPRITSなどといったユニットでも活躍。2008年には新たに“峰カルテット”を結成。今回リリースする「Bamboo Grove」が約8年ぶりのリーダー作になる。

INSTRUMENT 使用楽器
SOPRANO
フランスセルマー マークVI,
MOUTHPIECE
ブリルハート,
LIGATURE
セルマー,
REED
リーガル・クイーン 4,
CASE
TENOR
アメリカンセルマー マークVI #602XX,
MOUTHPIECE
オットーリンク ハードラバー8☆,
LIGATURE
メイヤー,
REED
リーガル・クイーン 3,
CASE
COLUMN 掲載記事
画像

峰厚介 本邦最高峰のテナーマンが8年ぶりのリーダー...

02.06.19


画像

「Days of Delight Compilat...

01.23.19


LIVE INFO スケジュール
DISCOGRAPHY CD/BOOKS
演奏楽器
演奏ジャンル
演奏スタイル
影響を受けたアーティスト

ポール・デスモンド

(爽やかな音色と新鮮なプレイスタイル)

影響を受けたアルバム

J. コルトレーン

『アフリカブラス』

関連アーティスト
SAXを始めた頃

■音楽ジャンルへの目覚め

■初めて楽器にふれたきっかけ

■現在の楽器を選んだ理由

■愛器のご自慢ポイント

■楽器選びで重視すること

■ケア・メンテナンスの仕方

■リードの保存方法

■よく演奏する楽曲

■印象に残っている演奏

マイルス・デイヴィスのライブ


(1975年春先 New York: Bottom Line)

■いつかやってみたいこと

■ためになった失敗談

■ウォーミングアップ方法

■よく行う練習について

■主に使用した、おすすめの教則本

■おすすめしたいこと

音楽はシンプルに! 作戦は必要ない!!

06.02.20

日本のフュージョン/スムースジャズ・サックスの先駆者として、1980年代からシーンを牽引してきた神崎ひさ
続きを読む>>


メニューリスト