サックス記事

角口圭都先生と一緒に目指せ! クラシカルサックスレベルアップ講座

THE SAX 新連載スタート!!

THE SAX vol.99よりスタートした「クラシカルサックス レベルアップ講座」。講師に角口圭都さんを迎え、音色やテクニックを少しでも向上するために、わかりやすく解説してもらいます!

角口圭都 Keito Kadoguchi
富山県出身。東京芸術大学、同大学大学院音楽研究科を卒業。
サクソフォンを池上政人、冨岡和男、須川展也、平野公崇、大城正司の各氏に、室内楽を中村均一氏に師事。第9回北陸新人登竜門コンサート優秀賞受賞。
第9回ルーマニア音楽コンクール第1位。「TOYSPARK」メンバー。
「Dreamvivo Jazz Orchestra」主宰。「piazzolla de saxophone quartet concert」等、様々なコンサート企画も行う。クラシック専門インターネットラジオ「OTTAVA」の「Gioia サクソフォン倶楽部」プレゼンターなどでも活躍。2019年9月初ソロアルバム「Chau Paris」を発売。

第1回目となった99号では、角口さんご自身がやっていてよかった基礎練習や初心者に伝えておきたいことを掲載しました。基礎練習ではインターバルや曲の転調していく練習など、譜例付きで紹介しています。
なんと、誌面に掲載した譜例の模範演奏を、角口さんのYou Tubeのチャンネルでアップしてくれています! ぜひチャンネル登録して、参考にしてください!

keito KADOGUCHI saxophone 角口圭都

さらにWEBでは誌面に掲載しきれなかった角口さんのインタビューを特別に公開します!

これまで受けたレッスンで印象に残っている練習法はありますか?
角口
藝大受験前に、レッスンしていただいた池上政人先生にサクソフォーンの基礎を叩き込んでいただきました。一つ一つの課題をじっくりと根気よく出来るまで取り組むことで揺るがない基礎力を、身に着けることが出来ました。
特に発音の正確さと、ヴィブラートの美しさ、またそれらの練習法は 今でも行なっています。
音色について目標とした音色、奏者を教えてください。
角口
私は、音色にもTPOがあると思っています。ですので、この人を目指すというよりは、作品やスタイルによって柔軟に変えていくことを目指しています。日々、さまざまな音色を聞き、真似してみます。
クラシック以外のジャズ・ポップスのサクソフォーンもそうですし、サクソフォン以外の様々な管楽器や弦楽器・歌などもたくさん聴いて好きな音色を探しています。自分自身が聴いて感動したいろんな音を自分の中の肥やしにできないものかと考えています。
ちなみに、衝撃を受けたサクソフォーンの音色の方は、イギリス人のジョンハールさんのCD「サクソフォン名協奏曲集」、ロシア人のペッカ・サヴィオキさんのレコード「サクソフォン協奏曲集」、あとは、小学生の時に聴きに行った、富山で行われた雲井雅人先生の講演です。お話を交えながら楽器も吹いてくださったのですが、その時に演奏された1オクターブ分のロングトーンの音がとてもふくよかで暖かったのを今でも覚えています。
角口さんの音色の特徴は?
角口
ノイズを極力減らして、芯を太めにしています。そこにツヤっと成分もプラスさせたいなと思い、セッティングを工夫しています。アルトサクソフォーンのセッティングは、S90 180にダダリオのレゼルブ3.0+を使っています。少し広めのマウスピースと、コシがしっかりしているリードを使うことで、太くてしっかりした音が出ます。
また、時々ビッグバンドでも演奏するので、クラシックの時とは全然違う音を出したい時があります。その時はマウスピースを替えています。
普段からクラシックのマウスピースでも、近い音色を再現できるように練習していますが、サクソフォンのレパートリーには、いろいろなジャンルの曲がありますのでいつもより雑音を多く含ませたり、サブトーンを使ったりとアンブシュアを変えるなどして音色を変えています。
最近は色々ある音色の中でも、特に個人的に大好きなのはオーケストラの中でまろやかに鳴っているクラリネットです。あんな音をサックスからも出したいなぁと考えています!
技術的に苦手なことはありますか?
角口
苦手なことって、人それぞれありますよね。私自身は、とっても不器用な人間なので上げるとキリが無いのですが、一番はタンギングが、速く出来ないことに長年苦しみました。
今は、色々な方法で克服していますが、シングルタンギングですと、誌面に掲載した譜例2のスケールは調子がいいときでも104が限界です。これは、プロの中でも、かなり遅い方だと思います。
学生時代は、本当にこのことに悩みまくり、悔しさと挫折を何度も繰り返しました。この大問題は、ダブルタンギングを習得することと、その悩みを気持ちの持ち方で克服しました。ダブルタンギングが得意なフルートや金管楽器の奏者に、どんな練習をしているかを、教えてもらいました。サックスは、口の中にマウスピースを入れるので難易度が高いのです。
ダブルタンギングは、特殊奏法として扱われていますが、フルートや金管楽器にとっては、普通に取り扱われる技法なので、練習の仕方も確率されていて大変参考になりました。また、若いときは、どうしても速いテンポで完璧に吹かなければならない!という負荷を懸けがちです。結果 自分を追い込んでしまい、病んでしまいます。なので、テンポを落とすことや、アーティキュレーションを変えてやり過ごすことは、負けではないと思えるようになりました。ちょっと肩の力も抜いたほうが良いと思います!
もちろん苦手を克服することは、大事なことですが、それに囚われすぎるとそもそもサックスが好きという気持ちを忘れてしまいそうになります。
苦手克服と同じくらい、得意なところも伸ばして行く事が大事だと思います。
今後の連載の中でタンギングについてはしっかり掘り下げたいと思いますので
是非チェックしてくださいね!

本誌の連載は、次回からの第2回~第5回は、音を出す前の準備、ロングトーン、スケール練習・タンギングなどを、第6回では曲を用いて、表現にもアプローチしていく予定です。
「全6回を通して読んでいただいた後に何か一つでも気づきのある連載にしたいと思っています」と語る、角口さんの今後の連載をお楽しみに♪

登場するアーティスト

角口圭都
Keito Kadoguchi

富山県出身。東京芸術大学、同大学大学院音楽研究科を卒業。サクソフォンを池上政人、冨岡和男、須川展也、平野公崇、大城正司の各氏に、室内楽を中村均一氏に師事。第9回北陸新人登竜門コンサート優秀賞受賞。第9回ルーマニア音楽コンクール第1位。「TOYSPARK」メンバー。「Dreamvivo Jazz Orchestra」主宰。
「piazzolla de saxophone quartet concert」等、様々なコンサート企画も行う。クラシック専門インターネットラジオ「OTTAVA」のOTTAVA Salone、OTTAVA Premio にてプレゼンターを務めている。2019年9月初ソロアルバム「Chau Paris」を発売。
(2020.05)