サックス記事

20人のトップ・プレイヤーがアンケートで回顧するサクソフォン初心者だった時代

振り返れば誰にでもあった楽器初心者だった時代。もちろん現在第一線で活躍するトップ・プロ奏者とて例外ではない。そこで今回は、日本を代表するサクソフォン・プレイヤーたちに自身がビギナーだったころを思い出してもらって、本誌読者の中心である初級者〜中級者たちへ上達のヒントを与えてもらおう。


まずは人気奏者たちにサックスを始めた時期まで記憶を遡り、アンケートに答えてもらおう。今回はジャズ・ポップス系に絞って20人の方にお願いした。練習環境や、目標として模倣した先達プレイヤー、演奏技術の上達に有効だった練習方法、ビギナーを卒業したと実感した際の心持ち、そしてプロ奏者を目指すことを決意したタイミングなどを振り返ってもらった。(掲載は五十音順)

Q1. ビギナー時代の練習環境は?
Q2. ビギナー時代に上達に役立った練習方法は?
Q3. プロ奏者をどんな存在と感じていた? また憧れの奏者は?
Q4. ビギナーを卒業したと感じたタイミングはいつ?



[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2   |   3   |   4   |   5      次へ>