サックス記事 かわさきジャズ2022
2022年9月16日(金)〜11月23日(水・祝)

かわさきジャズ2022

「かわジャズ」の愛称も定着した
地域に橋を架ける都市型音楽フェスティバル

「ミューザ川崎をはじめとする音楽ホールやライブハウス、さらに音楽大学など市内に様々な音楽施設をかかえる「音楽のまち」神奈川県川崎市。同市の特徴である「多様性」と「コラボレーション」を活かしながら、地域全体を大きなステージと捉える大型ジャズ・フェスティバル、それが「かわさきジャズ」だ。
今年もこの楽しみな音楽フェスの開催が決定した。サックスをはじめとする管楽器奏者も多数出演。
そんな注目のステージを紹介していこう。(協力:かわさきジャズ 2022実行委員会 事務局)

[会場]ミューザ川崎シンフォニーホール/カルッツかわさき/ラゾーナ川崎プラザソル/新百合トウェンティワンホール/昭和音楽大学ユリホール/川崎市産業振興会館/川崎市アートセンター/ほか川崎市内各所
[問合せ]かわさきジャズ実行委員会 事務局 info@kawasakijazz.jp TEL:044-223-8623

しんゆりJAZZストリーム DAY1
10月29日(土):新百合トウェンティワンホール


かわさきジャズ2022音楽公演プログラムの幕開けを飾るのは、〈しんゆりJAZZストリーム DAY1〉。ディキシー、スウィング、モダンジャズと多彩なアクトが出演するが、注目を集めそうなのが今年のNHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」でも大きくフィーチャーされた外山喜雄とデキシーセインツ。そして日本を代表するビッグバンド・リーダーでピアニストの守屋純子が率いるセクステットの登場も楽しみだ。

守屋純子
外山喜雄とデキシーセインツ
 
 

しんゆりJAZZストリーム DAY2
オルケスタ・デ・ラ・ルス

10月30日(日):新百合トウェンティワンホール


昨年は4組のアクトが登場した〈しんゆりJAZZストリーム DAY2〉だったが、今回は日本が世界に誇るサルサ・バンドであるオルケスタ・デ・ラ・ルスの単独公演となった。彼らの「かわさきジャズ」への出演は5年ぶり。前回のカルッツかわさきでの公演でも会場を陽気なラテン・ムードに染め上げたが、新百合トウェンティワンホールのステージも華やかなものになるに違いない。

オルケスタ・デ・ラ・ルス
 
 

菊地成孔&ぺぺ・トルメント・アスカラールコンサート2022
11月3日(木・祝):カルッツかわさき


菊地成孔

本誌でもお馴染みのサックス界のカリスマ菊地成孔(Ts)。この鬼才が大型編成のぺぺ・トルメント・アスカラールを率いて登場するのが〈菊地成孔&ぺぺ・トルメント・アスカラール コンサート2022〉だ。アルゼンチン・タンゴから現代音楽、民族音楽までをミクスチュアした超混血系オルケスタを自認する彼らの官能的なサウンドに酔いしれたい。

 
菊地成孔&ぺぺ・トルメント・アスカラール
 
 

JUNKO ONISHI in Kawasaki
11月13日(日):ミューザ川崎シンフォニーホール


昨年は世界的ギタリスト渡辺香津美の〈KW50 渡辺香津美「KYLYNが来る」〉にゲスト出演した人気ジャズ・ピアニスト大西順子。今回は彼女がリーダーとしてミューザ川崎シンフォニーホールに登場する。自身のカルテットとオーケストラによる2部構成でのステージだ。オーケストラには吉本章紘、デヴィッド・ネグレデ、曽我部泰紀、陸悠という4名のサックス奏者も登場とあって見逃せない。

大西順子
吉本章紘