サックス記事 かわさきジャズ2023
サックス記事 かわさきジャズ2023
2023年9月13日(水)〜11月19日(日)

かわさきジャズ2023

 

世界的に評価の高いミューザ川崎シンフォニーホールを筆頭に音楽ホールやライブハウスなど数多くの音楽施設を持ち、また昭和音楽大学や洗足学園音楽大学など有名音大のキャンパスも立地する「音楽のまち」神奈川県川崎市。「多様性」と「コラボレーション」をテーマに、この川崎市全域をステージとして展開される都市型ジャズフェスティバルが「かわさきジャズ」だ。2015年のスタートから早くも9回目を数える「かわさきジャズ2023」の開催が今年も決定した!今回も国内外の人気サックス奏者たちが多数出演。そんな注目のステージをピックアップして紹介していこう!(協力:かわさきジャズ2023実行委員会 事務局)

 

MUZAスペシャルナイトコンサート
スティーヴ・ガッドBHGプロジェクト

スティーヴ・ガッド(Ds)、ミカエル・ブリチャー(Sax)、ダン・ヘマー(Org)
 

世界No.1ドラマーも信頼を寄せる
ミカエル・ブリチャーがフロントを担うトリオ

[日時]10月26日(木)/19:00開演
[会場]ミューザ川崎シンフォニーホール

「かわさきジャズ2023」の中盤に早くも海外からの超大物が登場! スタッフやステップスのメンバーとしての活躍や、スティーリー・ダンやエリック・クラプトンのレコーディングやツアーでの名演でも名高い世界最高峰のドラマーであるスティーヴ・ガッドだ。自身のバンドとしてはガッド・ギャングが有名だが、近年ホームグラウンドとしているのが、このBHGプロジェクト。そして、このベースレストリオのフロントを担うのが、サックスのミカエル・ブリチャーだ。自身が率いるアフロ・ジャズ・バンド「クティマンゴーズ」での活動でも注目を浴びている、このデンマークの逸材の実力を確かめる絶好の機会にもなるだろう。

須川崇志・林正樹・松丸契 スペシャル・ユニット

須川崇志(Bass)、林 正樹(Pf)、松丸 契(Sax)
 

今秋公開の映画へ役者として出演もする
サックス界のニュースター松丸契が登場!

[日時]11月2日(木)/19:00開演
[会場]ラゾーナ川崎プラザソル

今回は「かわさきジャズ」発信の超強力グループも誕生。日野皓正や峰厚介など大御所ミュージシャンとも共演を重ねてきた名手の誉れ高いベーシスト須川崇志、渡辺貞夫から菊地成孔までのジャズ界の大物をはじめ、小野リサや椎名林檎などジャンルを越えたアーティストからも引っ張りだこのピアニスト林正樹、そしてダンスなど他分野とのコラボレーションからソロ・インプロヴィゼーションまで幅広い音楽活動で注目される若手新鋭サックス奏者の松丸契という顔触れだ。松丸は10月公開予定の映画「白鍵と黒鍵の間に」への役者としての出演も控えるなど話題のニュースター。この面々による「かわさきジャズ」でしか聴けない独自のコンテンポラリー・ジャズは貴重だ!

しんゆりジャズスクエア VOL.61
名曲テイクファイブで人気を博したアルトサックス奏者ポール・デスモンドの演奏が蘇る!

菅野 浩(As)、田辺充邦(Guit)ほか

日本のポール・デスモンドとも称される
菅野浩が本家のレパートリーをたっぷり披露

[日時]11月10日(金)/19:00開演
[会場]川崎市アートセンター アルテリオ小劇場

数多くいるジャズサックス偉人の中でも独自の個性を持ち、その音色やプレイに魅了されるプレイヤーやリスナーも多いポール・デスモンド。特にデイヴ・ブルーベック・カルテットのアルバム「タイム・アウト」に提供し自らプレイした5拍子の名曲『テイク・ファイヴ』はジャズ史に燦然と輝く金字塔と言ってもいいだろう。そんなデスモンドの魅力にスポットを当てたライブが企画された。ここでアルトサックスをプレイするのは、日本でポール・デスモンドと言えばこの人「ポール菅野」の異名もとる菅野浩だ! 近年は「Gentle Forest Jazz Band」「Alto Talks」「Landmark Blue」など数多のバンドでも大活躍の菅野だが、ここではその真骨頂が聴けるだろう。

 

ANightofBrazilianMusic&Jazz

【第1部】<ELIANE ELIAS>
イリアーヌ・イリアス(Pf,Vo)、リアンドロ・ペレグリーノ(Guit)、マーク・ジョンソン(Bass)、ラファエル・バラータ(Ds)
【第2部】<BLUE NOTE TOKYO ALL-STAR JAZZ ORCHESTRA directed by ERIC MIYASHIRO>
エリック・ミヤシロ(Tp,Cond)、本田雅人/小池修/渡邉瑠菜(Sax)、小澤篤士/山崎千裕/具志堅創(Tp)、中川英二郎/高井天音/小椋瑞季(Tb)、宮本貴奈(Pf)、川村⻯(Bass)、岩瀬立飛(Ds)ほか
 

日本最高峰のビッグバンド、ブラジリアン・ジャズの女王による二本立て

[日時]11月19日(日)/18:00開演
[会場]ミューザ川崎シンフォニーホール

「かわさきジャズ2023」最終公演日には、海外からの大物と国内最高峰のビッグバンドが登場。ブラジル出身で80年代からアメリカの音楽シーンで活躍するブラジリアン・ジャズの女王イリアーヌ・イリアスと、世界的なトランペット奏者エリック・ミヤシロが率いるブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラだ。イリアーヌはグラミー賞とラテン・グラミー賞の両方に輝くとともに、全米ジャズ・チャートとブラジル音楽チャートのトップにも立った敏腕ピアニストで、90年代以降はヴォーカリストとしても存在感を放っている。迎え撃つブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラにも本田雅人はじめ世界で評価されるプレイヤーが多数在籍。華々しいステージとなるだろう。

かわさきジャズ2023
2023年9月13日(水)〜11月19日(日)

[会場]ミューザ川崎シンフォニーホール/カルッツ川崎/ラゾーナ川崎プラザソル/新百合トウェンティワンホール/昭和音楽大学 ユリホール/洗足学園音楽大学/川崎市産業振興会館/川崎市アートセンター/SUPERNOVA KAWASAKI/クラブチッタ/ほか川崎市内各所

[チケット]①かわさきジャズチケットオンライン(https://www.kawasakijazz.jp/) ②ミューザ川崎シンフォニーホール:電話044-520-0200(10:00〜18:00)、チケットカウンター(10:00〜19:00) ③川崎市アートセンター 電話044-959-2255(11/10公演のみ、10月2日発売) ④チケットぴあ https://t.pia.jp/

[問合せ]かわさきジャズ実行委員会 事務局 info@kawasakijazz.jp 電話044-223-8623(平日10:00〜17:00)

 
サックス