トリビュート トゥ チック・コリア スペシャル

小曽根真featuring No Name Horses

ジャズ界の巨匠ピアニスト、チック・コリアの突然の訃報が舞い込んできたのは2021年2月のこと。マイルス・デイヴィスとの共演で注目を集め、70年代にはフュージョン・ミュージックの先駆けとなるグループ、「リターントゥフォーエヴァー」を結成、グループ名をタイトルとしたファースト・アルバムは世界中で大ヒットし、チックのトップ・アーティストとしての地位を不動のものとした。以来、その活躍はジャズファンならずとも知られている通り。
2021年は80歳を記念して、親交の深いピアニストの小曽根真とのデュオコンサートが予定されていたが、残念ながら幻となった。しかしチックをこよなくリスペクトする小曽根の熱い想いからトリビュート・コンサートが開催されることとなった。
当日は、小曽根真と最強ビッグバンドのNo Name Horsesを中心にチック・コリアの名曲のアレンジ楽曲を含めた特別なプログラムが披露される。また須川展也(サックス)と小柳美奈子(ピアノ)も参加しチック・コリアが須川氏のために作曲した作品も演奏される。

●トリビュート トゥ チック・コリア スペシャル 小曽根真featuring No Name Horses
[日時]10/22(金)19:00
[会場]Bunkamuraオーチャードホール
[出演]小曽根真(Pf)、No Name Horses、須川展也(Sax)、小柳美奈子(Pf)
[料金]¥8,500 他
[問合せ]Bunkamura 03-3477-3244