サックス記事

Gottsu Sepia Tone VI ソプラノが進化を遂げた!

Gottsuマウスピース

世界の名だたるサックスプレイヤーから支持を集め愛用されるGottsuマウスピース。
製作者 後藤将彦氏による日々の研究開発と常に可能性を求めるマウスピース製作への取り組みが、これまで数々の銘品を生み出してきた。
そんなGottsuマウスピースの中でも特に人気の高いモデル「Gottsu Sepia Tone VI」のソプラノがマイナーチェンジによりさらにサウンド、吹奏感の向上が計られた。
Sepia Tone VIのチェンバーにSepia Toneで採用されていたコンプレッションホールを設け、適度な抵抗感を加えることで、太く伸びのある高音域、全音域でのバランス良い鳴り、透明感のあるクリアなサウンドを実現している。
今後、ジャズやスムース・ジャズ、フュージョンなど幅広いジャンルでの定番のマウスピースとして人気を集めるだろう。

 

Gottsu Sepia Tone VI Soprano

[オープニングサイズ]#4(1.3mm) #5(1.4mm) #6(1.5mm) #7(1.6mm) #8(1.7mm)
[価格]¥33,000(税抜)
 
株式会社 Gottsu
〒242-0025 神奈川県大和市代官2-4-1
TEL:042-205-3612
info@gottsu.jp
http://www.gottsu-japan.com/