サックス記事

国内トッププレイヤーが語る私のコルトレーン遍歴

My Favorite TRANE

ジャズサックスを志す者にとって、ジョン・コルトレーンの影響から逃れることは不可能である。 なぜならば彼が切り開いたジャズサックスの王道を後進のプレイヤーたちも常に辿ってきたから。ここに登場する日本のトップ奏者たちも、 その例外ではないことをアンケートの回答から感じとれるだろう。(掲載はABC順)

回答者
羽根渕道広、橋爪亮督、本田雅人、勝田一樹、小池 修、宮地スグル、元晴、西口明宏、岡崎正典、佐藤達哉、鈴木央紹、多田誠司、竹野昌邦、竹内 直、山本拓夫、山中良之、吉本章紘

[アンケート項目]
Q1:コルトーンの音色は好きですか? 特にどの時代が?
Q2:コルトレーンのアドリブは好きですか? 特にどの時代が?
Q3:コルトレーンをコピーしたことはありますか? どんな曲を?
Q4:最初に聴いたコルトレーンのアルバムは?
Q5:初めてコルトレーンを聴くときのオススメ3枚は?
Q6:コルトレーンの継承者だと思うプレイヤーは?
Q7:コルトレーンにまつわる逸話などを知っていますか?

 

[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2   |   3      次へ>