雲井雅人サックス四重奏団  なかのZEROに登場!

日本を代表するサクソフォーン・カルテットのひとつ、雲井雅人率いる雲井雅人サックス四重奏団による公演が、11月26日(日)なかのZEROで開催される。美しい音色による4人のハーモニーを、ぜひ生で体感したい!

雲井雅人サックス四重奏団

雲井雅人サックス四重奏団

なかのZEROクラッシックシリーズVol.3
オープニング♪なかのZERO2017


[開催日] 2017年11月26日(日)

[会場/開演] なかのZERO  14:00開演(13:30会場)

[出演]  雲井雅人(Ss)、佐藤 渉(As)、林田和之(Ts)、西尾貴浩(Bs)

[予定曲]
J.S.バッハ/G線上のアリア、 J.レノン&P.マッカートニー/レット・イット・ビー(松山祐士編)、 W.A.モーツァルト/3つの教会ソナタ(雲井雅人サックス四重奏団編)、 大村雅明/スイート・メモリーズ(真島俊夫編)、ほか
※曲目は変更になる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

[料金] 全席指定¥3,000、ホームメイト会員 ¥2,800
※未就学児入場不可

[チケット] なかのZEROチケットセンター(03-3382-9990)
オンライン http://nicesacademia.jp/
イープラス http://eplus.jp/
※車いすのお客様はなかのZEROチケットセンターへお問い合わせください

[詳細・問合せ] なかのZERO事業課(03-5340-5043)

 

登場するアーティスト

雲井雅人
Masato Kumoi

国立音楽大学を経てノースウェスタン大学大学院修了。第51回日本音楽コンクールおよび第39回ジュネーヴ国際音楽コンクールで入賞した。1984年東京文化会館小ホールでリサイタル・デビュー。2012年ハンガリー・ソルノク市立交響楽団、2013年「香港国際サクソフォン・シンポジウム」、2014年「シンガポール木管フェスティバル」などで協奏曲を演奏。2016年インディアナ大学にてオーティス・マーフィー教授のサバティカルリーブにともなう客員教授を務める。2017年アメリカ海軍ネイビー・バンドのサクソフォン・シンポジウムに招待されて演奏とマスタークラスを行う。同年、準・メルクル指揮、国立音楽大学オーケストラとドビュッシー「ラプソディー」を共演。2018年NASA(北アメリカサクソフォーン評議会)に雲カルとして招待され演奏とマスタークラスを行なう。2005年と2014年「サイトウキネン・フェスティバル in 松本」に参加。
ソロCDに「サクソフォーン・リサイタル」、「ドリーム・ネット」(バンドジャーナル誌特選盤)、「シンプル・ソングズ」(レコード芸術誌特選盤)、「アルト・サクソフォーンとピアノのためのクラシック名曲集」、「トーン・スタディーズ」(レコード芸術誌特選盤)、「ラクール:50のやさしく段階的な練習曲」、「リベレーション 我を解き放ち給え」などがある。雲カルCDに「ソングス・フォー・ザ・カミング・デイ」、「マウンテン・ロード」、「むかしの歌」、「レシテーション・ブック」、「チェンバー・シンフォニー」などがある。大室勇一、フレデリック・ヘムケの各氏に師事。
「雲井雅人サックス四重奏団」主宰。国立音楽大学教授、相愛大学客員教授、尚美学園大学講師。