サックス記事

サクソフォンの歴史|前編

THE SAX vol.65

サクソフォンの歴史

THE SAX 65号と66号で、我々がこよなく愛するサクソフォンという楽器をこの世に生み出したアドルフ・サックスの生誕200年を記念して、サクソフォンが170年の歴史のなかでどのように進化してきたのかを前後編の2回に亘って振り返った。前編では人気奏者であると同時にヴィンテージサックスの研究者、そしてコレクターとしても名高い宮崎真一氏に寄稿してもらった。
また、THE SAX vol.65、66号に掲載したサクソフォン年表も併せて参照してもらいたい。

(文/年表作成:宮崎真一)

 

ベルギーの楽器製作者アドルフ・サックス(1814-1894)が発明したサクソフォンはゼロから生み出されたまったく新しい楽器ということもあって、音楽の進化とシンクロしながらそのサウンドを今日も進化させ続けています。しかしジャズ/ポピュラーの世界ではヴィンテージサクソフォンの人気は高く、近年はクラシカルサクソフォンでも注目度が高まってきています。とは言え残念なことに現状では多くの人の興味の対象はモダンジャズ黄金期の銘器かアドルフ・サックスのどちらかで、全部まとめて単純に「昔の楽器は良い楽器」と語られがち。実はそこに至る試行錯誤の過程にこそサクソフォンだけが持つ音楽と社会の進化と密接にリンクした波瀾万丈な物語があるのです!

この記事ではサクソフォンの歴史のうちの前半部分、つまり誕生から成人までの成長の物語を紹介します。普段何気なく吹いているサクソフォンに対して歴史的な認識を持つことで、この楽器のさらなる魅力を発見できるのではないでしょうか。

紹介するサクソフォン

アドルフ・サックス社 アルト(1869年)
ビュッフェ・クランポン 「イヴェット&シェファー」アルト(1912年)
コーン 「Wonder」アルト(1912年)
コーン 「New Wonder」Cメロディ(1921年)
コーン 「New Wonder」カーブドソプラノ(1923年)
ホルトン 「ルディー・ウィードフト」テナー(1929年)
コーン 「6M」アルト(1930年)
アメリカンセルマー 「バランスドアクション」テナー(1936年)
キング 「スーパー20 シルバーソニック」アルト(1945年)
ブッシャー 「400」テナー(1942年)

ビュッフェ・クランポン (1875年頃)アルト
エデュアール・サックス (1910年代)アルト
ブッシャー 「トゥルー・トーン」(1940年頃)アルト
セルマー 「Model 26」(1926年)アルト


 

宮崎真一(みやざき しんいち)
クラシカルサクソフォン奏者として数多くの作品を世界/日本初演。国内外にて演奏会を催す。楽器史研究家としてサクソフォンの発達と社会のかかわりを研究。専門誌などに記事を執筆。国立音楽大学卒業。早稲田大学理工学術院アドヴァイザー。石森管楽器クラシカルサクソフォンコース講師。
 
[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2   |   3   |   4      次へ>