サックス 記事画像

雲井雅人_トップ奏者に訊く!美音の作り方

THE SAX vol.86 Special Contents

各シーンを代表する、個性的な音色を持つトップ・プレイヤー4人に、それぞれ現在の“音色”に至るまでの経緯、“音色磨きの秘訣”などを訊いた。

 


雲井雅人
Profile
くもい・まさと:国立音楽大学を経てノースウェスタン大学大学院修了。第51回日本音楽コンクールおよび第39回ジュネーヴ国際音楽コンクールで入賞。1984年東京文化会館小ホールでリサイタル・デビュー。2012年ハンガリー・ソルノク市立交響楽団、2013年「香港国際サクソフォンシンポジウム」、2014年「シンガポール木管フェスティバル」にて協奏曲を演奏。2015年には、アメリカ合衆国メイン州で開催された「フレデリック・ヘムケ・サクソフォーン学校」に講師として参加。2005年より「サイトウキネン・フェスティバル in 松本」に参加。1996年富山県ひとづくり財団より「とやま賞」受賞。大室勇一、フレデリック・ヘムケの各氏に師事。「なにわオーケストラル・ウインズ」メンバー。「雲井雅人サックス四重奏団」主宰。国立音楽大学客員教授、尚美学園大学非常勤講師。近年、ヴィンテージ・サックスに関する研究を深めている。最新作は「トーンスタディーズ」(2017年12月20日発売)。

 

Q.1:音色を意識し始めたのはいつ?

 大学浪人のとき。イタリア歌曲で、アレッサンドロ・スカルラッティの『スミレ』という曲をテレサ・ベルガンサが歌っているレコード聴いて、すごく素敵な曲だなと思って歌のパートをサックスで吹いてみたんです。それが何ともひどくて……。ああ、自分の音ではこの曲は吹けないんだと、その時に初めて音色というものが大切なのだとわかりました。

 

Q.2: 音大、留学時代に〝音色〟が変わった?

 音大時代は、みんな競争心の塊で「いかに人より難しい曲をやるか」ということばかり考えていました。その後は、憧れていたフレデリック・へムケ氏のもとに留学して、2年間勉強しました。へムケ氏のもとでは特に「ピアニッシモ」よりもっと小さな「スーパーソフト」の音を鍛えられました。ピアノを打鍵した後の、ピアノの弦の一本のようになりなさい、と。この頃もコンクールのことで頭がいっぱいでしたが、自然と音色も付いてきていたように思います。

 


▶︎NEXT PAGE

Q3:〝音色〟に憧れていた奏者はいますか?
Q4:ピアニッシモできれいな音を出すためにどのような練習を?
Q5:オススメの教則本は?
Q6:いつからそのような音色に?
Q7 :楽曲によって新たな音色を見出した?
Q8:現在の音色を築くために、他にやってきたことは?
Q9:雲井さんのアンブシュアは?
Q10:雲井さんにとって〝音色〟とは?
Q11:現在のセッティングは?   


この記事の続きはCLUB定期会員限定です。メンバーの方はログインしてください。 定期会員に入会するとこの記事をすべてお読みいただけます。

1   |   2      次へ>      
【関連雑誌・キーワード・アーティスト】



台数限定でレッスンマスター SDカード キャンペー

12.10.17

レッスンマスター SDカード キャンペーン実施中!対象のレッスンマスターを購入すると、カラオケSDカード
続きを読む>>

雲井雅人サックス四重奏団  なかのZEROに登場!

11.17.17

~ハーモニーの極限を追求するカルテット~


続きを読む>>

渡辺貞夫〜ジャズはもちろん、クラシックを吹いても、

12.06.17

ビバップの発展形を示した王道ジャズ作と、バッハに挑んだ歴史的コンサートの実況盤を同時リリース!!


続きを読む>>

ページトップへ

メニューリスト