「emergence」MONKY

THE SAX vol.103│Disc Review【POPS】

「emergence」MONKY

【ISR-001】¥2,640(税込)
家永吹産
[演奏]MONKY(Fl,S.Sax,A.Sax,T.Sax,B.Sax)、髙橋“Jr.”知治(Bass)、金子 巧(Key,Pf)、白石才三(Guit)、REO MATSUMOTO(Hand Pan,Human Beat Box,Beat by re os)、Yoshio Tony Kobayashi(Ds)
[収録曲]Stay Home Strut、Missing You、Grazing In The Grass、Bouncing Boys、Street Dungeon、羽化、Green Beach Drive、Donna Lee

 

26年間メンバーとして活動を続けてきた、日本が世界に誇るニューオーリンズ・ルーツのブラス・グループ BLACK BOTTOM BRASS BANDを2019年末に脱退したMONKEY。“コロナ禍の特殊な状況の下”、自身の中で沸沸と沸いてくる感情を捉え制作をスタートさせ、完成したのが本作だ。
「emergence」は、金子巧、髙橋“Jr.”知治、Yoshio Tony Kobayashi、白石才三、 REO MATSUMOTOの各氏をゲストに迎えた、「出現、発生、登場」を意味するアルバム。自粛期間中に楽曲のベースをMONKY自身で作り上げ、自粛解除後に参加ミュージシャンたちとセッションを重ねながらアルバムを完成させていくという、2020年だからこそのプロセスで生まれた本作。ポップでソウルフルなナンバーを集めたアルバムだ。