サックス記事

タワレコおすすめCD!「Circuits」Chris Potter

THE SAX vol.94

タワーレコードのバイヤーお勧めの1枚をご紹介!

「Circuits」/Chris Potter

[EDN1123]Edition Records
[曲名]Invocation、Hold It、The Nerve、Koutome 、Circuits、Green Pastures、Queens of Brooklyn、Exclamation、Pressed for Time
[演奏]Chris Potter(Ts,Ss,Cl,Fl,Guit,Key,Perc)、James Francies(Key)、Eric Harland(Ds)、Linley Marthe(Bass)

エレクトリックなサウンドと躍動感あふれるリズムが交錯するセッション

1990年代から活躍し、常にクリエイティヴな新しい試みで自身の音楽を構築してきたマルチ・リード奏者クリス・ポッター。このアルバムは、注目の若手キーボーディスト、ジェームズ・フランシーズを加えた4人のメンバーによるセッション。エレクトリックなサウンドと躍動感あふれるリズムが交錯するコンテンポラリー・ジャズ作。ポッターはサックスをはじめ、バス・クラリネット、フルート他を演奏し、一人何役もこなし重厚なアンサンブルをも聴かせている。

(文:タワーレコード 馬場雅之)

タワーレコード公式サイト

 

登場するアーティスト

1971年、アメリカ・イリノイ州シカゴ生まれ。サウスキャロライナ州コロンビアで育つ。
高校卒業後、ニュースクールへの進学のためニューヨークに移り、マンハッタン音楽院に入学。卒業後はデーブ・ホーランドやパット・メセニーなど数多くのプレイヤーのサイドマン、そして自己のグループを率いて活躍中。現在世界中から注目を集めるサックスプレイヤーの一人。