サックス記事

タワレコおすすめCD!「The Quartet」/ George Coleman

THE SAX vol.97

タワーレコードのバイヤーお勧めの1枚をご紹介!

「The Quartet」 / George Coleman

[SSR1906]Smoke Sessions
[曲名]Paul's Call、I Wish You Love、Prelude to a Kiss、Lollipops and Roses、East 9th Street Blues、When I Fall in Love、Along Came Betty、You've Changed、Triste
[演奏]George Coleman (Ts)、Harold Mabern (Pf)、John Webber (Bass)、Joe Farnsworth (Ds)

 

御年84歳となる大ベテランのテナーマン、ジョージ・コールマン。1960年代にウェイン・ショーター加入前のマイルス・デイヴィス・バンドのフロントマンだったという経歴の持ち主だが、その貫禄に満ちたプレイが存分に聴ける2019年最新録音盤。ピアノには同じくベテランのハロルド・メイバーン、ベースはジョン・ウェバー、ドラムスにはジョー・ファーンズワースというNYを拠点に活躍する面々とのワン・ホーンの魅力たっぷりの一作。

(文:タワーレコード 馬場雅之)

タワーレコード公式サイト

 

【関連キーワード・アーティスト】

ジョージ・コールマン







メニューリスト