サックス記事

「ブラック・トゥ・ザ・フューチャー」Sons Of Kemet

THE SAX vol.105

タワーレコードのバイヤーお勧めの1枚をご紹介!

「ブラック・トゥ・ザ・フューチャー」Sons Of Kemet

[UCCI-1049]ユニバーサルミュージック
[曲目]フィールド・ニーガス、ピック・アップ・ユア・バーニング・クロス、シンク・オブ・ホーム、ハッスル、フォー・ザ・カルチャー、トゥ・ネヴァー・フォーゲット・ザ・ソース、レット・ザ・サークル・ビー・アンブロークン、スルーアウト・ザ・マッドネス、ステイ・ストロング、ブラック 他
[演奏]シャバカ・ハッチングス(Ts、woodwinds)、テオン・クロス(Tuba)、トム・スキナー(Ds)、セブ・ロシュフォード(Ds) 他

 

ブリティッシュジャズ・シーンの中で異才を放つサックス奏者シャバカ・ハッチングスが2011年に結成したグループ、サンズ・オブ・ケメット。テナーサックス、テューバ、ツインドラムという珍しい編成で独自の音楽世界を構築したインパルス・レーベルでの2作目。次世代のシーンを担うラッパーやヴォーカリストが参加したチャレンジングで変幻自在なブラックジャズを展開。怪しげに浮遊するサックスが、躍動するリズムの上で舞い踊る快感が伝わってくる。

(文:タワーレコード 馬場雅之)

タワーレコード公式サイト