画像

ピアニスト海野雅威が綴る 朋友ロイ・ハーグローブへの想い

THE TRUMPET vol.5 | 特別寄稿

現代トランペット界きってのカリスマだったロイ・ハーグローヴが、突然この世を去ってから間もなく一年を迎えようとしている。未だに喪失感を埋めることができないという声をトランペット・シーンおよびジャズ・シーンではプロ、アマチュア問わず多く聞く。 そんななかでも日本人としては最もロイの近くにいたミュージシャンから本誌編集部に連絡が届いた。ロイ・ハーグローヴ・クインテットのメンバーとして2年にわたって行動を共にしたピアニスト海野雅威。その想いを綴った追悼の文を本誌に寄せてくれた。

華やかなステージでの姿に隠された繊細で真摯な素顔

Photo by Adriana Mateo
アルゼンチン、ブエノスアイレスで新曲を歌いながら伝えるロイ。2017.8.15
Photo by Adriana Mateo

2016年10月から、ロイ・ハーグローヴが亡くなった2018年11月2日まで、彼のクインテットの一員として数多くのステージを経験し、オフでの彼の言動や行動にも接してきたピアニスト海野雅威。破天荒で天才肌というイメージで語られることの多いロイ・ハーグローヴの隠された真の姿を伝えるメモリアル・エッセイ。

 
Photo by Sayaka Unno
ニューヨークのブルーノート。ロイと一番演奏したクラブ。 2018.2.26
Photo by Sayaka Unno
 

本編はTHE TRUMPET #05でお楽しみください!

【関連雑誌・キーワード・アーティスト】

ロイ・ハーグローブ | 海野雅威





NuEVIという楽器をご存知ですか?

2021-06-16

NuEVIは、トランペット運指で演奏できる電子管楽器、ウインド・コントローラーです。自宅録音、ライブはも


SUGIZO&類家心平 これからの音楽のカタチ─そ

2021-04-27

12年ぶりに再始動したSHAG。ジャムバンドを率いるギタリストSUGIZOと、当代随一のインプロヴァイザ


ページトップへ