トランペット 記事
THE TRUMPET vol.11 │ Special Contents-1

Bach Trumpet 人気12モデルを 長谷川智之さんがレコメンド

世界のトランペット奏者に愛用されるブランド「Vincent Bach」。トランペットにおけるストラディヴァリウスと評され誕生した1924年以来、100年もの長きに渡り受け継がれてきた伝統と革新を続け、常にトランペットのトップブランドであり続けている。
そんなBachトランペットB♭管、C管、ピッコロトランペットの人気機種12本を、NHK交響楽団首席トランペット奏者で、前項のインタビューでもご登場いただいたBach Artists Japan 匠のメンバーとして活躍する長谷川智之さんに、各モデルを試奏してもらいその特徴や魅力を語ってもらった。

 
 

 B♭管

01 Stradivarius 180ML37 GL

音色は明るくクリアです。ラッカーがかかっているので響きにまとまりがあります。 SP(シルバープレート)の場合は、本体もメッキ仕上げも金属なので、響きが解放されて広がっていく印象です。対して、このラッカー仕上げは、一定の枠の中でコンパクトに響いて、音の輪郭がはっきりしています。抵抗感は少なく、吹奏感は軽やかでレスポンスが良いですね。ソロはもちろん室内楽などのシチュエーションに良いと思います。

調子:B♭
ベル材質・仕上げ:イエローブラス・ラッカー仕上げ
ボアサイズ:ML
ベル・マウスパイプ:#37・#25
本体価格:¥480,700(税込)

02 Stradivarius 180ML37 GB

37GLと同じラッカー仕上げで、音にクリアさがありますが、クリアな中にも赤ベル特有の重厚さが加わり、温かさが増す印象です。大きな音量で吹くと、黄ベル(イエローブラス)は、高次倍音を多く含む音色で、こちらの赤ベル(ゴールドブラス)は、音の芯がはっきり出ます。おそらく材質の違いによるところでしょう。抵抗感も少し増して、レスポンスも黄ベルのような軽やかさというよりは、鳴らすのに少し圧が必要といった印象です。

調子:B♭
ベル材質・仕上げ:ゴールドブラス・ラッカー仕上げ
ボアサイズ:ML
ベル・マウスパイプ:#37・#25
本体価格:¥491,700(税込)

03 Stradivarius 180ML37 SP

イエローブラスの材質で、SPの仕上げに慣れているので、とても吹きやすいですね。材質もメッキの仕上げもすべて金属なので、響きが多いように感じます。クリアさが際立つというよりも音色に含みを持っていて、はっきりした音から柔らかな音、暗い音から明るい音というように音色に変化がつけやすく、表現の柔軟性に富んでいます。抵抗感は黄ベルのラッカー(試奏No.1)よりは若干多くて、赤ベル(試奏No.2)よりは少ないです。

調子:B♭
ベル材質・仕上げ:イエローブラス・銀メッキ仕上げ
ボアサイズ:ML
ベル・マウスパイプ:#37・#25
本体価格:¥438,900(税込)

04 Stradivarius 180ML37 GBSP

落ち着きと柔らかさを兼ね備えた温かみのある音色です。黄ベルと赤ベルでは、音の広がり方に違いを感じます。黄ベルは一定の枠の中で響く感じで、こちらの赤ベルは、音の芯の響きそのものが広がっていき、まとまりのある深い音色という印象です。音の芯自体が太いのが赤ベルで、黄ベルは、赤ベルほどの芯の太さはないけど、その分高次倍音を含んだ響きを持っています。抵抗感も赤ベルはやや強めで、音の立ち上がりやレスポンスに、より強めの圧が必要な印象です。

調子:B♭
ベル材質・仕上げ:ゴールドブラス・銀メッキ仕上げ
ボアサイズ:ML
ベル・マウスパイプ:#37・#25
本体価格:¥529,100(税込)

05 Stradivarius 180ML37 GP

黄ベルのSP(試奏No.3)以上に、より響きが増して倍音の多い音色ですね。反応はSPと変わらない印象ですが、音色は、高次倍音も真ん中も低い倍音も、すべての響きが均等に増している印象です。同じ黄ベル同士、音の本質的なフォルムは同質ですが、メッキ仕上げの違いで、GPは華やかな倍音を纏っている印象です。黄ベルと赤ベルでは、そもそも持っている音のフォルムが違います。赤ベルは芯があり、直進するような音色。黄ベルは枠の中で広がる響きを持ちつつ、クリアな音色の特徴です。その中でもGP仕上げは特に華やかな音色の特徴です。

調子:B♭
ベル材質・仕上げ:イエローブラス・金メッキ仕上げ
ボアサイズ:ML
ベル・マウスパイプ:#37・#25
本体価格:要問い合わせ

06 Elkhart 50th Anniversary 37 SP

Stradivariusモデルとの違いとして、バルブケーシングが洋白と真鍮の2ピースで、ベルのラウンドリム内部にはブラスではなくスチールワイヤーが入っています。そんなヘヴィな作りに見えて、重量はStradivariusとほとんど変わらず、パッと吹くと抵抗感は少し強めに感じるかもしれませんが、反応は速くレスポンスに優れています。1枚取りベルの繋ぎ目がサイドシーム仕様のためかもしれません。音の輪郭はしっかりありつつ芯が太く、密度のある音色です。ただ、音色よりも吹奏感の違いのほうが大きくて、コントローラブルで、繊細な表現に長けています。黄ベルの広がりのある響きを持ちつつ、強く吹いても音が散らないのが特徴です。

調子:Bb
ベル材質・仕上げ:イエローブラス・銀メッキ仕上げ
ボアサイズ:ML
ベル・マウスパイプ:#37・#25
本体価格:¥610,500(税込)
1   |   2      次へ>      



Bach Trumpet 人気12モデルを 長谷川

2022-10-15

世界のトランペット奏者に愛用されるブランド「Vincent Bach」は、常にトランペットのトップブラン


アダム・ラッパ(Adam Rapa)来日決定!!

2022-10-21

大久保管楽器店内にて、アダム・ラッパによるLOTUSトランペット&マウスピースのデモンストレーション演奏


トランペットアンサンブルのアルティザン「Bach

2022-09-29

日本のクラシックトランペットのトップ奏者5人が集まって結成された「Bach Artists Japan

ザ・トランペット
特集1:

Bach Trumpet
人気12モデル吹き比べ

特集2:

DANCE&SOUL

音源連動:演奏by田中充

カバー:Bach Artists Japan 匠

PICKUP

おすすめ記事


画像
MUSIC

付属ダウンロード音源 レコーディング

THE TRUMPET vol.11 | 特集4


画像
LESSON

バテ防止術

トップ・プレイヤーが秘策を伝授!バテを克服するためのメンテナスとエクササイズ


画像
HISTORY

ニニ・ロッソの世界

日本でも大人気を博しヨーロッパ全土で愛された哀愁のトランペット吹き


画像
ARTIST

トランペットアンサンブルのアルティザン「Bach Artists Japan 匠」インタビュー

トランペットの可能性を拡げる2ndアルバム制作秘話



画像
HISTORY

マイルス・デイヴィス再考

THE TRUMPET vol.10 | 特集3


画像
MUSIC

付属ダウンロード音源 レコーディング

THE TRUMPET vol.10 | 特集5


画像
GEAR

C管トランペット吹き比べ19本!!

THE TRUMPET vol.10 | 特集4




TRUMPET ONLINE