吹奏楽wind-iオンライン記事:人気楽曲完全アナリーゼ|吹奏楽の人気楽曲を徹底解説!
画像

人気楽曲完全アナリーゼ|カンタベリーコラール1

楽曲の構成がわかりやすい

Jan van der Roost 作曲
第1回「カンタベリー コラール」パート1

解説:三浦幸二(クラリネット奏者・指揮者)

武蔵野音楽大学卒業後、東京での演奏活動を経たのち渡独。帰国後は主にソリスト、室内楽奏者として活躍。ソリストとして中華民国空軍楽隊(台湾)、Nontri Orchestra Wind(タイ)、HKBDA Wind Orchestra(香港)をはじめ海外で数多くのバンドとの共演を果たし好評を得る。指揮者としては、2013年にNTUシンフォニックバンド(シンガポール)を指揮して、海外での指揮者デビューを果たす。国内外での音楽祭にも多数招聘され、2017年にアルメニア共和国の首都エレバンで開催された「アレクサンドル・アルチュニアン 国際ウインドフェスティバル」では、アルメニア国立歌劇場管弦楽団のメンバーとブラームスのクラリネット五重奏曲で共演し話題となる。CDレコーディング参加や音楽雑誌への原稿執筆、編曲作品の提供等、各種メディアへの露出も数多い。これまでにホフストラ大学(アメリカ)、カセサート大学(タイ)、南洋工科大学(シンガポール)など世界各地で教育活動を展開。今後国際的な活躍が期待される演奏家の1人である。チェコの新興クラリネットブランド "RZアーティスト" 使用楽器は RZ "BOHEMA STAR" GOLDEN EDITION。

「人気楽曲完全アナリーゼ」初回のお題はベルギー生まれの人気作曲家ヤン・ヴァン=デル=ロースト氏作曲の『カンタベリー・コラール』です。言わずと知れた吹奏楽の名曲ですね!
元々はブラスバンド(金管バンド)のために書かれた曲ですが、のちに作曲者自身によって吹奏楽版とファンファーレバンド版に編曲されており、どちらもオランダのデ・ハスケ社(現在のハル・レナードMGB)より出版されました。イングランド南東部にある世界遺産「カンタベリー大聖堂」で得たインスピレーションを基に作曲された格調高いコラールです。教会の厳かな雰囲気や、高い屋根の広大な空間から降り注ぐ柔らかな響きなど、曲のイメージを膨らませて演奏に取り組んでみてくださいね。

楽曲冒頭にはBen tenuto e espressivo (quasi legato sempre) との指示があり、テンポは♩=63、4分の4拍子で書かれた壮大なコラールです。途中poco rit.a tempoなどテンポ変化の指示はあるものの、大きくテンポが変わることはなく、終始ゆったりとしたテンポで曲が進行していきます。大変美しい楽曲ですが、音楽の持つエネルギー、推進力、持続力の維持が非常に難しい楽曲でもあります。正しい楽曲分析を基に、ゆったりとした楽曲に内在する音楽の豊かさや緊張感といったものを表現できると良いでしょう。

調性は大きくDes dur(冒頭~)→As dur(17小節目~)→Des dur(66小節目)と変化していますが、その過程において複雑な和音を多用して緊張感を維持しつつ違和感のない和声進行を実現しており、特筆に値する見事な構成となっています。このあたりが名曲と言われる所以なんでしょうね。
では早速分析を始めましょう。

この記事はCLUB会員限定です。続きを読むためにはログインしてください。
今なら会員登録するとこの記事を無料でお読みいただけます。

1   |   2   |   3   |   4      次へ>      
アンケート
名前(ニックネーム可)
年齢
性別
職業
演奏する楽器を教えてください。
取りあげてほしい奏者、企画、特集してほしいことは?
Wind-i mini vol.40で面白かった記事を教えてください。必須
Wind-i mini vol.40でつまらなかった記事を教えてください。必須
Wind-i mini vol.40を読んだ感想をお聞かせください。必須
投稿内容を誌面・ウェブに掲載する可能性がありますので、必ず選択してください。必須
mini40号のプレゼント(柴犬ラクアクリルキーホルダー(フルート))に応募した理由をお聞かせください。必須
プレゼント当選時にご連絡しますのでメールアドレス、電話番号を入力してください。必須
告知・宣伝したいことをご記入ください

記事一覧 | Wind-i&mini
トピックス | レッスン | イベント | 人物 | 製品