吹奏楽wind-iオンライン記事:須川展也のShall We SAX!|vol.3 「スガワ流 リードの育て方」
画像

vol.3「スガワ流 リードの育て方」

THE SAX vol.25(2007年9月25日発刊)より転載

最近のスガワ

今年の夏は猛暑日続きでしたね! 皆さんそれぞれの夏を楽しまれたことと思います。僕はというと、8月中旬に金聖響氏指揮 東京交響楽団との共演で、オペラアリアを中心に歌もののレコーディングをしました。泣ける曲あり、テクニカルな曲あり、盛りだくさんの内容で、気持ちよく演奏できました。このアルバムの発売は年明けごろになりそうなので、内容など詳しくはまたこのページでごも紹介しますね。

今年はあと2回、海外でのレコーディングを控えています。例年にくらべてコンサートの回数を抑え、僕なりの新しいステップを世界に向けて発信するための準備として、様々な企画を立ててレコーディングに取り組んでいるんです。言ってみれば“メイキング・スガワ”の年。この“種まき期間”が終われば、皆さんに新しいスガワのステージをご紹介していけると思います。楽しみにしていてくださいね。

もちろん、ソロ、トルヴェール・クヮルテット、東京佼成ウインドオーケストラなど、レギュラーのコンサートもたくさんありますので、ぜひ聴きにきてください!

 

 

お悩み相談 Play編

“スガワ流リードの育て方、ご紹介”

 

連載第3回目にして早くも、リードの話題をお届けします。やはり、サックス愛好家にとって一番の悩みどころなんですね。この件に関するたくさんのご要望、お悩み相談、ありがとうございました。

リードの選び方は、消去法でいくしかないと思います。良く鳴る、ノイズが少ない、反応が良い、などのことがバランス良くそろっているものが望ましいですね。鳴りのことだけを考えて、少々反応が悪くても使えるリードに分類してしまったとしたら、それで曲を吹くとどういう結果になるかお判りですよね。反対も言えます。反応は良くても音色のバリエーションが少なければ直接音楽に響いてきます。

また、どういう曲を吹くかによって、選ぶ基準は変わってくるかもしれません。綺麗なメロディをたくさん吹かなければならないときは、比較的ノイズが少なくて鳴りのいいものだったら、多少反応が悪くても対応できますが、ピアニッシモを多用するときは反応の良さを優先したほうが良いでしょう。また複雑なリズムやタンギングが多くなれば音の立ち上がりがいいものを、というような感じ。このように選ぶ基準は、ある程度自分でその都度設定していけばいいと思います。

すべてを兼ね備えたリードに出会うのは大変なことです。僕もそんな優等生に出会った経験はありません! なので、いつも満足度80%くらいのリードで吹いています。リードもイキモノですから日々変化するし、自分の状態だってそうです。今日良かったものが明日良いとは限らない、不安定な世界なんですね。それを踏まえて選び、そして育てていかなければなりません。そう、リードは育てるものなんです。

では、僕のやり方をご紹介しましょう。リードは、本番などの目的日の3日前くらいから育てていくのがいいと思います。例えば、コンサートを控えた9月25日からリードを育て始めるとします。一気に2箱くらいあけて、吹く前にまず直接リードに鉛筆で「9/25-1」から「9/25-20」まで番号を打ち、順番に吹いていって、受けたフィーリングをメモしていきます。硬いなと感じたらH(ハード)、中間だと思うとM(ミディアム)、やわらかいと感じたらS(ソフト)というマークを使います。硬いけど反応がいいときはMH、中庸なんだけどちょっと柔らかいほうかなと思ったらMSというような感じで。リードはだいたい、吹いているうちに抵抗が出てくることが多く、ある程度のポイントを越えると急にダメになってしまいます。なので僕は、吹いた瞬間にMSS(ミディアムソフトよりももうちょっとソフト)くらいのものからスタートして、リードの湿度を良い状態でキープできる専用のケース(商品名:リードヴァイタライザー)に保存して日々少しずつ吹いていき、本番で使えるリードを育てています。1枚だけを選ぶというのではなく、何枚か候補を見つけてとっかえひっかえ使いながら育てていくんです。ターゲットは本番ですから、気圧・湿度などによって同じリードでも重く感じたり軽く感じたりするし、自分の体調もあるから、何枚かを選んでおく必要があるんです。

これはゆとりのある時の理想論で、僕の場合、毎日本番が続いたりすると、リードを育てるのが間に合わないことがあり、当日箱を開けて全部吹いてみた中から一枚選んですぐに使うこともしばしば。こうするとリード側の負担も相当なものなので、いきなり水分を含んだことで、その日限りで力尽きてしまったかのようになってしまいます。普通はそこでダメになったと諦めてしまうんですが、ここで登場するのが僕のリード即席復活術小さなドライヤーでリードを乾かすんです! 湿ったリードをすぐに乾かすと、育て始めた2日目のような感じになるんですよ。もちろん本当は、自然に水分を含ませて、乾かして……の繰り返しがいいと思います。でも僕はこの「リード即席復活術」を見出したおかげで、良い状態が自分でわかってくるようになりました。以前よりもリードの消費量が減ったのは、リードヴァイタライザーとドライヤーの組み合わせで、リードにとっての良い湿度を自分で作り出せるようになったからだと思います。

この他、“リードのカカト部分”を細かいヤスリで少し削るなどの丸秘テクニックはありますが……これはあくまで僕のやり方で、万人にとっていいとは限りません。僕なりのリードとの接し方として、ご紹介しました。

リードに完璧なものはないと思って接することで、気持ちも楽になると思います。皆さんも、ナーバスになりすぎず、自分なりのリード管理・育成法を見つけてくださいね。

※このコーナーは、「THE SAX」誌で2007年から2015年にかけて連載していた内容を再編集したものです

 

須川展也 Sugawa Nobuya

須川展也
日本が世界に誇るサクソフォン奏者。東京藝術大学卒業。サクソフォンを故・大室勇一氏に師事。第51回日本音楽コンクール管楽器部門、第1回日本管打楽器コンクールのいずれも最高位に輝く。出光音楽賞、村松賞受賞。
デビュー以来、名だたる作曲家への委嘱も積極的に行っており、須川によって委嘱&初演された多くの作品が楽譜としても出版され、20-21世紀のクラシカル・サクソフォンの新たな主要レパートリーとして国際的に広まっている。特に吉松隆の「ファジイバード・ソナタ」は、須川が海外で「ミスター・ファジイバード」と称される程に彼の名を国際的に高め、その演奏スタイルと共に国際的に世界のサクソフォン奏者たちの注目を集めている。
国内外のレーベルから約30枚に及ぶCDをリリース。最新CDは2016年発売の「マスターピーシーズ」(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)。また、2014年には著書「サクソフォーンは歌う!」(時事通信社)を刊行。
NHK交響楽団をはじめ日本のほとんどのオーケストラと共演を重ねており、海外ではBBCフィル、フィルハーモニア管、ヴュルテンベルク・フィル、スロヴァキア・フィル、イーストマン・ウインド・アンサンブル、パリギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団など多数の楽団と共演している。
1989-2010年まで東京佼成ウインドオーケストラ・コンサートマスターを22年余り務めた。96年浜松ゆかりの芸術家顕彰を表彰されるほか、09年より「浜松市やらまいか大使」に就任。2016年度静岡県文化奨励賞受賞。
サクソフォン四重奏団トルヴェール・クヮルテットのメンバー。ヤマハ吹奏楽団常任指揮者、イイヅカ☆ブラスフェスティバル・ミュージックディレクター、静岡市清水文化会館マリナート音楽アドバイザー&マリナート・ウインズ音楽監督、東京藝術大学招聘教授、京都市立芸術大学客員教授。
 
Wind-i MAGAZINE
管楽器リペアガイド コルグ 池袋オペラハウス アトリエMOMO クラリネットリガチャー バスクラリネット エンドピン
YAMAHA
JVC レッスンマスター ナイス・インターナショナル 国立音楽院 アトリエMOMO

THIS WEEK EVENT

─ 今週のイベント ─


>>もっとみる

これから君もユーフォ吹き&チューバ吹き! 我ら、バリチューアンサンブル!

記事一覧 | Wind-i&mini
トピックス | レッスン | イベント | 人物 | 製品