サックスオンライン_サックス奏者ガイド|竹内直|Nao Takeuchi竹内直│Nao Takeuchi
サックスアーティストトップ

竹内直 | Nao Takeuchi

PROFILEINSTRUMENTINFOLIVE INFODISCOGRAPHYCOLUMN
PROFILE プロフィール

1955 年生まれ。東京出身。高校3 年のときに初めてサックスを手にする。明治大学在学中はジャズ研に所属。しかし78 年に学校を中退してニューヨークへ渡り、バイヤード・ランカスター(As)、スティーブ・グロスマン(Ts) に師事。帰国後は宮間利之&ニューハードなどで活動する。87 年には再びニューヨークへ渡り、ストリートで演奏する傍ら、デニス・チャールス(Ds)、ウィリアム・パーカー(Bass)、クラレンス・C・シャープ(As)、エレン・クリスティ(Vo) らと共演。また、Jazz Center of NewYork に自己のバンドで出演した。89 年に帰国後、エルビン・ジョーンズ(Ds)・ジャパニーズ・ジャズマシーンに参加してフレディー・ハバード(Tp) とも共演、ツアーを行なう。以降、自己のグループやソロ、サックス4人のアンサンブル“SAXOPHOBIA”、山下洋輔(Pf)、五十嵐一生(Tp) など、多くのグループ、セッションで活躍。リーダー・アルバムとしては、96 年の1st『ライヴ・アット・バッシュ!!』(CAB RECORDS)以後、これまでに7枚の作品をリリースしている。



INSTRUMENT 使用楽器
BODY
セルマー マーク6
MOUTHPIECE
オットーリンク メタル7
LIGATURE
REED
レジェール2
CASE
INFO マイスペース
LIVE INFO スケジュール
DISCOGRAPHY サウンド
< CDアルバム >
RAPTURE
< CDアルバム >
SOLO
COLUMN 関連記事
生まれ
血液型
出身国
活動地域
演奏楽器
演奏ジャンル
演奏スタイル
影響を受けたアーティスト

ジョン・コルトレーン

(精神性とそれを表現する技術にとても惹かれました)

影響を受けたアルバム

ベン・ウェブスター

『キング・オブ・ザ・テナーズ』

関連アーティスト
SAXを始めた頃

■音楽ジャンルへの目覚め

■初めて楽器にふれたきっかけ

■現在の楽器を選んだ理由

■愛器のご自慢ポイント

■楽器選びで重視すること

■ケア・メンテナンスの仕方

リペア、調整なんかは割とまめに、自分で調子が悪いなと感じたら出すようにしています。(「JAZZ STANDARDS FOR SAX QUARTET vol.2」より抜粋)

■リードの保存方法

リードをマウスピースのカーブに合わせたまま乾かして、乾燥したら、そのリードはリードケースにしまって、完全に乾いている他のリードを使って演奏します。(「JAZZ STANDARDS FOR SAX QUARTET vol.2」より抜粋)

■よく演奏する楽曲

■印象に残っている演奏

エルヴィン・ジョーンズ・ジャパニーズ・ジャズマシーン

(1990年11月 一の関ベイシー ゲストにフレディ・ハバード)

■いつかやってみたいこと

■ためになった失敗談

■ウォーミングアップ方法

■よく行う練習について

アルペジオを全調やったりとか、あとマイナスワン(ジェイミー・エバーソルド)を使ったりとかしています。(「JAZZ STANDARDS FOR SAX QUARTET vol.2」より抜粋)

■主に使用した、おすすめの教則本

■おすすめしたいこと

リガチャー最前線vol.2(革・紐・木・ファブリッ

05.25.17

金属以外(革・紐・ファブリック・木)の気になるサックスリガチャーを、鈴木 圭氏が徹底検証!


続きを読む>>


-石森管楽器 創業66周年記念イベント-ウッドスト

06.23.17

石森管楽器 創業66周年記念イベント 、Wood Stone Alto Saxophone New Vi
続きを読む>>



マーク・ターナー 現代ジャズテナーサックス界をリー

05.31.17

現代ジャズテナーサックス界をリードする重鎮マーク・ターナー の現代奏法の秘密に、宮地スグルが迫る! 続きを読む>>

ページトップへ

メニューリスト