サックスオンライン_サックス奏者ガイド|下地啓二|Keiji Shimoji
サックスアーティストトップ

下地啓二 | Keiji Shimoji

PROFILEINSTRUMENT LIVE INFODISCOGRAPHYCOLUMN
PROFILE プロフィール

沖縄県出身。1976年国立音楽大学を武岡賞を受賞して卒業。フランス国立ボルドー音楽院を審査員全員一致の一等賞で卒業。さらに同音楽院の特別マスタークラスを審査員全員一致の最優秀および首席で修了。ボルドー氏栄誉賞を受賞。第51回日本音楽コンクール管楽器部門入選。1979年のデビュー以来、日本を代表するクラシカルサクソフォーン奏者として全国各地で演奏活動を行う。 海外においてはアメリカ、フランス、ドイツ、ベルギー、オーストラリアの各都市に招かれ、リサイタルやコングレス、フェスティバル、テレビ、ラジオなどに出演し高い評価を受ける。これまでに東京のすべのオーケストラに客演。吹奏楽の分野においては、ボルドー私立管弦合奏団首席サクソフォーン奏者を努め、帰国後、東京ウィンドオーケストラ首席サクソフォーン奏者、後にコンサートマスターとして数々のコンサート、レコーディングに参加。1980年に東京サクソフォーンアンサンブルを結成。この分野のパイオニア的存在として、多くのサクソフォーン愛好家に影響を与えている。巨匠ジャン・マリー・ロンデックス率いるインターナショナルサクソフォーンコングレスに参加し、現代音楽のレコーディングをニューヨーク、東京で行う。2000年沖縄タイムス芸術選賞を受賞。現在、東京サクソフォーンアンサンブル・メンバー。国立音楽大学講師。サクソフォーンを石渡悠史、大室勇一、ジャン・マリー・ロンデックスの各氏、室内楽をロジェー・ペレ氏、指揮法を汐澤安彦氏に師事。



INSTRUMENT 使用楽器
LIVE INFO スケジュール
DISCOGRAPHY サウンド
COLUMN 関連記事
生まれ
血液型
出身国
活動地域
演奏楽器
演奏ジャンル
演奏スタイル
影響を受けたアーティスト
影響を受けたアルバム
関連アーティスト
SAXを始めた頃

■音楽ジャンルへの目覚め

■初めて楽器にふれたきっかけ

■現在の楽器を選んだ理由

■愛器のご自慢ポイント

■楽器選びで重視すること

■ケア・メンテナンスの仕方

■リードの保存方法

■よく演奏する楽曲

■印象に残っている演奏

■いつかやってみたいこと

■ためになった失敗談

■ウォーミングアップ方法

■よく行う練習について

■主に使用した、おすすめの教則本

■おすすめしたいこと

ヤナギサワが放つ、衝撃のネック止めネジがついに発売

09.13.19

奏者の間で“音や吹奏感が変わる”と話題のネック止めネジが、なんとあのヤナギサワか
続きを読む>>

内なる世界の旅人 D.マスランカの生涯とその作品群

06.11.19

2017年に惜しくもこの世を去った偉大なる作曲家デイヴィッド・マスランカ。その実息であるマシュー・マスラ
続きを読む>>


メニューリスト