サックスマウスピースの基礎知識!

マウスピースの基礎知識を今一度おさらいして、各部の名称を確認しておこう。

マウスピースの各部の名称

マウスピースの各部の名称
マウスピースの各部の名称
 

ティップ・オープニング

マウスピース先端とリードとの開きのこと。狭いと大きな音が出しづらいため、演奏に際して、硬めのリードを必要とします。開きが広いと大きな音は出ますが、pでの音のコントロールが難しく、また吹くのに大量の息が必要となります。

フェイシング

大きく分けて、ミディアム、ロング、ショートに分けられます。ショートの場合、音色はブライトになりますが、その反面に音は細く低音が出しづらい傾向があります。ロングになるとダークな音色の傾向で、硬めのリードを使った場合に音のコントロールが難しくなります。またカーブの角度・形状によっても音色、音の反応、吹奏感などに違いがあります。

ティップレール

狭いレールは音にニュアンスを付けやすく、音の立ち上がりも速い反面、音の裏返りやリードミスなどが起こりやすくコントロールが難しい傾向にあります。広いレールは音のボリュームが出しづらく、また音のニュアンスもつけづらいですが、リードミスは起こりにくくなります。

チェンバー

ミディアム、スモール、ラージなどと呼ばれるサイズの違いがあり、スモールサイズのものは一般的に音のボリュームが大きくなります。逆に音の太さ自体はラージサイズのほうが増す傾向があるようです。サイズの他、形状の違いにより、音量や音色に影響を与えます。主な形状として①ラウンドタイプの形状②スクエアタイプの形状③馬蹄型の形状④ラウンド+フラットなサイドウォールの形状、などに分かれます。

チェンバー,ラウンド型
チェンバー,スクエア型
チェンバー,馬蹄型
チェンバー,フラット・サイドウォール型
 

バッフル

ティップオープニングからチェンバーまでの面を指します。バッフルの形状は大きく以下のような4つのタイプに分けられます。ティップオープニング部分からチェンバーにかけてほぼ直線的な傾斜を持つ①ストレート型、バンク部分からバッフルにかけて緩やかな放物線を描く②ロールオーバー型、デュコフなどに代表される③ステップ型、ベルグ・ラーセンなどにみられるような④バレット型、などに分けられます。この形状によって音色も変わってきますが、高さの他、チェンバーまでの長さによっても音色や吹奏感に違いがあります。「ハイバッフル(息が通る空間の容積が狭い)」は、力強く明るいエッジの効いた音が得られ、「ローバッフル(息が通る空間の容積が広い)」は、柔らかく温かみのある音が得られます。

バッフル,ストレート型
バッフル,ロールオーバー型
バッフル,ステップ型
バッフル,バレット型
 
【関連アーティスト】







メニューリスト