サックス記事

「NOW and FOREVER」小林香織

THE SAX vol.104

タワーレコードのバイヤーお勧めの1枚をご紹介!

「NOW and FOREVER」小林香織

【KICJ-90846】キングレコード
[曲目]CD:Opening[NOW and FOREVER]、Kyle、Mermaid、Romantic Rain、Seaside Memories、Solar、Airflow、Shooting Star/流れ星、Black Sapphire、Back Street、bloom、New School Etude、I Raise My Hands up
Blu-ray Disc:Seaside Memories、ソバカスのある少女、インタビュー、Romantic Rain
[演奏]小林香織(Sax)、Kaori Kobayashi Band、鈴木茂&ハックルバック 他

 

デビュー当時はJ-フュージョン界のアイドルとして注目され、その後アジア圏でのインターナショナルな活動で高い人気を誇る美人女性サックス奏者小林香織。長年在籍したビクターからキングレコードに移籍したのが2年前。本作はデビュー15周年の記念すべきアルバムで、鈴木茂&ハックルバックが参加したトラックやM-Swiftがプロデュースしたヴォーカリストをフィーチャーしたナンバーなど、さらなる飛躍を感じさせる注目作。

(文:タワーレコード 馬場雅之)

タワーレコード公式サイト

 

登場するアーティスト

小林香織
Kaori Kobayashi

1981年、神奈川県生まれ東京育ち、母はピアノ教師、父は写真家。中学1年から吹奏楽部でフルートを、高校2年でアルトサックスを始め、原ひとみ氏に師事。2000年に洗足学園音楽大学ジャズコースに入学し、ボブ・ザング氏に師事。在学中より都内のライブハウス等で活動し、卒業後の2005年2月、ビクターエンタテインメントより「Solar」でメジャーデビュー。現在までにベストアルバムを含む12枚のアルバム、ライブDVD、譜面集2冊を発表。YouTubeにアップされた『Nothing's Gonna Change My Love For You』が世界中で多大なアクセス数を記録し新聞テレビで話題になり、アジアでの公演を行なう。2013年には台湾のサックスメーカーTKMelodyとの共同開発による小林香織モデルのサックスが発売される。2016年8月に発表した洋楽カバーアルバム「MELODY」では、魚類学者でタレントのさかなクンが参加したことで話題となる。現在、泉谷しげる、タケカワユキヒデらのライブサポートに加え、ジャンルを問わず様々なレコーディングにも参加する他、母校である洗足学園音楽大学ジャズコースの講師として後進の育成にも力を入れている。2018年9月26日キングレコードに移籍、その第一弾として全曲オリジナルのニューアルバム「Be myself!」を発表。