サックス記事

「Informel」SINSUKE FUJIEDA GROUP

THE SAX vol.105

タワーレコードのバイヤーお勧めの1枚をご紹介!

「Informel」SINSUKE FUJIEDA GROUP

[SOFA1014]Sofa Records
[曲目]CD1:Gentle Erosion、Informel、Parade、CD2:Bamboo、Fukushima、In Forest、Nobody Knows、DVD:Live、Gentle Erosion 緩やかな浸食 (MV)
[演奏]藤枝伸介(Sax,Fl)、塚本真一(Pf)、加藤秀(Bass)、松下マサナオ(Ds)、あらかり大輔(Perc)、竹下文子(Vn)

 

サックス、フルートを自在に操り独自の音楽をクリエイトしている藤枝伸介が中心となり、敏腕のメンバーが集結したSINSUKE FUJIEDA GROUPのライブアルバム。高円寺の老舗ライブハウス“JIROKICHI”で行なわれた、97分におよぶ熱気あふれるパフォーマンスを収録したCD2枚+DVD。その音楽はプログレッシブで時にフリーキーでエスニックな要素も含みつつ、ダイナミックなリズムで躍動してゆく様は圧巻。

(文:タワーレコード 馬場雅之)

タワーレコード公式サイト

 

登場するアーティスト

藤枝伸介
Shinsuke Fujieda

音楽プロデューサー、作曲家、サックス・フルート奏者。2012年より音楽レーベルSoFa Records(ソファーレコーズ)を運営。2003年頃よりクラブジャズバンド i-dep(アイデップ)のサックス、フルートとして活動、Summer SonicFestivalやSXSW等国内外大型フェスへ出演。谷中敦( 東京スカパラダイスオーケストラ)とのサックスデュオ 2 of a kind 、DJ井上薫とのユニットFusik、DACHAMBOのシンセストCD HATAとの PolarChalors 、またソロとしてSINSUKEFUJIEDAGROUPやピアニスト富樫春生とのデュオなどでライブ、リリースを重ねる。これまでに参加するグループ、またはソロでアルバム30作品をリリース。CM、レコーディング参加作品多数。2010年せたがや文化財団/世田谷区主催 世田谷芸術アワード「飛翔」音楽部門をSoundFurniture(サウンドファニチャー)名義で受賞。
2019年再始動したi-depでカナダ・ケベック州で開催された北米最大級の音楽フェスティバルFEQ(フェスティバル・デテ・ドゥ・ケベック)に出演し優秀賞を獲得。