サックス記事

「Sounds from the Ancestors」Kenny Garrett

THE SAX vol.106

タワーレコードのバイヤーお勧めの1枚をご紹介!

「Sounds from the Ancestors」Kenny Garrett

[MAC1180]Mack Avenue
[曲目]It's Time To Come Home、Hargrove、When The Days Were Different、For Art's Sake、What Was That?、Soldiers Of The Fields/Soldats Des Champs、Sounds From The Ancestors、It's Time To Come Home
[演奏]Kenny Garrett(Sax,E.Pf)、Vernell Brown, Jr. (Pf)、Johnny Mercier(Fender Rhodes)、Corcoran Holt(Bass) 、Ronald Bruner(Ds)、Rudy Bird(Perc)

 

アルトサックス奏者ケニー・ギャレットによるマック・アヴェニューからの5枚目のソロリーダー作。自身が故郷デトロイトで幼少期に聴き親しんだジャズ、R&B、ゴスペルといった音楽を回顧し、先達のレジェンド級アーティストたちから得たスピリットを再発見。そのコンセプトを元にアフロキューバン・テイストも取り入れた独自の音楽を展開。かつて共演したアート・ブレイキーへのトリビュート等も含む意欲あふれる力作。

(文:タワーレコード 馬場雅之)

タワーレコード公式サイト