サックス記事

「Smoke And Mirrors」Steve Cole

THE SAX vol.106

タワーレコードのバイヤーお勧めの1枚をご紹介!

「Smoke And Mirrors」Steve Cole

[ART7073]Artistry
[曲目]Living Out Loud、Loves Me, Loves Me Not、Wayman、Smoke and Mirrors、Covent Garden、It's a House Party、At a Distance、Trust、On the Money、Justice
[演奏]Steve Cole(Sax,Synth Bass)、David Mann(Sax,Fl,Key,Synth Bass)、Bernd Schoenhart(Guit)、Trevor Neumann(Tp)、Mel Brown(Bass)、Brian Dunne(Ds)、Ricky Peterson(Org)、Mark Egan(Bass)、Todd Sucherman(Ds)

 

スムースジャズ界の人気サックスプレイヤーの一人、スティーヴ・コールの最新リリース作。ロックダウン等で音楽活動がままならない中、彼の長年のプロデューサーであるデイヴィッド・マンによる実力派プレイヤーぞろいのバンドとともにレコーディングされたコンテンポラリーなサウンドが広がる注目盤。オルガンのリッキー・ピーターソン、ベースのマーク・イーガンも参加。ライトでスウィートなコールのプレイが光る。

(文:タワーレコード 馬場雅之)

タワーレコード公式サイト