サックス記事

日米サックス・クイーンが、 8年ぶりに再会!! ミンディ・エイベア&藤野美由紀

キャンディ・ダルファーと並ぶ女性サックス奏者の草分けであるミンディ・エイベアが、自身のバンド、ボーン シェイカーズを率いて、去る9月に来日公演を敢行した。そんな彼女を本誌48号(2011年9月号)でインタ ビューを担当するなど、旧知の仲である藤野美由紀が訪ねた。日米サックス女王の8年ぶりの再会が実現だ!! 
(文:櫻井隆章 / 協力:丸の内コットンクラブ)


ミンディ率いる「ボーンシェイカーズ」の名付け親はアノ人!

8年前に対談をしている二人は、旧知の仲。まず感激の再会シーンに続き、藤野が持参したお土産を手渡す場面から始まった。モロの「女子会」パターンである。まず、今回の来日では随分とロック度が高まったことから話が始まった。彼女が率いるバンドの名前は、「ボーンシェイカーズ」というのだ。これ、どちらかと言うと少々品が悪い、「お尻振り振りバンド」的なネーミングなのである。ここからして充分に「ロック的」とも言えるのだが……。

藤野美由紀
まず、なぜこういうバンド名にしたのですか?
ミンディ・エイベア
ああ、この名前を付けたのは、実はポニー・レイットなのね。彼女が私たちのライブを観に来て、終演後に楽屋を訪ねてくれて、その時に「何ともお尻を振るバンドだこと!」と、まるで男の人が言うようなフレーズで褒めてくれたのね。その時にはまだバンドの名前がなかったので、そのフレーズをいただいてバンド名にしちゃったという次第なの。
藤野
もっとあなたのことを知りたいんです。あなたの名前は、どう発音すれば良いのでしょう?それと、お生まれはどちらですか?
ミンディ
私のファミリー・ネームは、普通に"エイベア"で良いのよ、フランスからの移民だった祖先なのね。もっとも、何百年か前まではスペルが今とは違っていたのだけど、アメリカの人たちが発音しやすいような綴りに変えたのよ。で、生まれたのはフロリダのセント・ビータースバーグという街。とても暖かくて海も綺題で、生まれ育つには最高の街よ。私のバンドのドラマーは、今でもそこに住んでいるわ。で、私はボストンにあるバークリー音楽大学に行って、卒業した後はロサンジェルスに移って、プロになったの。でも今は、同じカリフォルニアでも、北部のオークランドに住んでいるのね。というのも、今の私のダンナ様がワイン業界の人で、ワインの産地として有名なナバに近いことと、オークランドの空港に近いところに住む必要があったから。 だから私は、そんな"ワイン・ガイと一緒に、ワインの世界にもいるというわけね。もちろん音楽業界にもいるわけだけど(笑)。でも、今でもロサンジェルスのハリウッドには、家を持っているのよ。そこで過ごす時間も多いし、作曲もそこですることが多いわね。

 

プロフィール
ミンディ・エイベア

1969年、アメリカ・フロリダ州生まれ。祖母がオペラ歌手、父親はプロのサックス奏者という家系に育った。5歳でピアノ、8歳からサックスを始める。バークリー音楽大学に進み、ジャズ、ロック、R&Bなどを学ぶ。卒業後はロサンジェルスに出てプロとなる。ジョナサン・バトラーのバンドに加入したり、バックストリート・ボーイズのツアーに参加したりと、幅広く活動。ソロとしてもアルバムを多数出している。女性サックス奏者としてはキャンディ・ダルファーと並び称される存在。

 

プロフィール
藤野 美由紀(ふじの みゆき)

1972年、大阪生まれ。83年、チェッカーズの藤井尚之に影響を受けてサックスを手にするも一度は断念。高校時代にはロック・バンドでヴォーカルを務めていた。92年にサックスに転向、2001年にCDデビュー。03年に上京、各種の活動に入る。アーティスト・サポート、サックス・スクールの開講、教則本の出版、教則や楽譜のダウンロード販売、そして自身のソロ・ライブなどなど。ミンディ・エイベアとは過去にも本誌で対談をしたことがあり、旧知の仲。


次ページにインタビュー続く
・ソロ・デビューのきっかけはバックストリート・ボーイズのツアー
・“男の世界”だったアメリカのバンド事情も変わりつつある!
・MINDI ABAIR & THE BONESHAKERS

1   |   2      次へ>      

この記事の続きはCLUB定期会員限定です。メンバーの方はログインしてください。 定期会員に入会するとこの記事をすべてお読みいただけます。

【関連アーティスト】

ミンディ・エイベア | 藤野美由紀







メニューリスト