画像

謎だらけの昭和トランペット歌謡

THE TRUMPET vol.9 | 特集1

令和の時代も3年目を迎え、西暦では2020年代に突入している現在だが、「昭和」の時代を懐かしむ声は様々な分野で多く聞かれ、再評価されてリバイバル・ブームが巻き起こる……といった現象も珍しくない。そんな再評価の代表的な例とも言えるのが「昭和」の歌謡曲ではないだろうか。そして、そこにはキラリと光るトランペットの存在が隠れていたのだ!
(文:埜田九三朗)

◆ピックアップ楽曲◆

①『誰よりも君を愛す』
和田弘とマヒナスターズ&松尾和子

作曲:吉田正(1921-1998)
作詞:川内康範(1920-2008)
編曲:不明
 

②『アカシアの雨がやむとき』
西田佐知子

作曲:藤原秀行(1923-1986)
作詞:水木かおる(本名 奥村聖二 1926-1998)
編曲:藤原秀行
 

③『逢いたくて逢いたくて』
園まり

作曲:宮川泰(1931-2006)
作詞:岩谷時子(1916-2013)
編曲:不明
 

④『星のフラメンコ』
西郷輝彦

作曲:浜口庫之助(1917-1990)
作詞:浜口庫之助
編曲:小杉仁三(別名:ありたあきら 1928-2009)
 

⑤『小指の想い出』
伊東ゆかり

作曲:鈴木淳(本名:藤田順二郎 1934-)
作詞:有馬三恵子(1935-2019)
編曲:森岡賢一郎(1934-2018)
 

⑥『ブルー・ライト・ヨコハマ』
いしだあゆみ

作曲:筒美京平(本名:渡辺栄吉 1940-2020)
作詞:橋本淳(本名:与田準介 1939-)
編曲:不明
 

⑦『恋の奴隷』
奥村チヨ

作曲:鈴木邦彦(1938-)
作詞:なかにし礼(本名:中西禮三1938-2020)
編曲:川口真(1937-)
 

⑧『白いブランコ』
ビリー・バンバン

作曲:菅原進(1947-)
作詞:小平なほみ(?)
編曲:不明
 

⑨『風』
はしだのりひことシューベルツ

作曲:端田宣彦(1945-2017)
作詞:北山修(1946-)
編曲:不明
 

⑩『港町ブルース』
森進一

作曲:猪俣公章(1938-1993)
作詞:深津武志(一番のみ)、なかにし礼
編曲:森岡賢一郎
 

⑪『新宿のおんな
藤圭子

作曲:石坂まさを(本名:澤ノ井龍二1941-2013)
作詞:石坂まさを、みずの稔(1937-)(共作)
編曲:不明
 

⑫『戦争を知らない子供たち』
ジローズ

作曲:杉田二郎(1946-)
作詞:北山修
編曲:不明
 

⑬『バス・ストップ』
平浩二

作曲:葵まさひこ(本名:鈴木稔 1937-1984)
作詞:千家和也(本名:村越英文 1946-2019)
編曲:葵まさひこ
 

⑭『なごり雪』
かぐや姫

作曲:伊勢正三(1951-)
作詞:伊勢正三
編曲:不明
 

⑮『空港』
テレサ・テン

作曲:猪俣公章
作詞:山上路夫
編曲:森岡賢一郎
 

⑯『襟裳岬』
森進一

作曲:吉田拓郎
作詞:岡本おさみ
編曲:馬飼野康二
 

⑰『いい日旅立ち』
園まり

作曲:谷村新司(1948-)
作詞:谷村新司
編曲:川口真(1937‐)
 

本編はTHE TRUMPET #09でお楽しみください!

 

【関連雑誌・キーワード・アーティスト】




エリック・ミヤシロ 待望のニューモデルYTR-83

2021-11-04

世界中にその名を轟かせるスーパートランペッターであるエリック・ミヤシロ。そんな国際的な人気奏者が監修した


【山野楽器】銀座本店で『楽譜特価市 2021』開催

2021-11-04

毎年好評の楽譜特価市を今年はなんと秋にも開催!クラシック、ポピュラー系の楽譜から音楽書籍まで、さまざまな


佛坂咲千生 & 原朋直 クラシックとジャズが交差す

2021-10-26

同じ楽器のプレイヤーであっても、接点があまりないということが多いクラシックとジャズのトランペッター。例外


ページトップへ