画像

保存版! プロ奏者3名による現行マウスピース徹底試奏67本

THE TRUMPET01 マウスピース特集

 

全楽器の中でも、トランペットのマウスピースほど、多くのキャラクターやバリエーションに分かれ、かつゼロコンマ数ミリ以下の複雑な設計に分けられたツールはないだろう。金管楽器専門店JOYBRASSをはじめ、各社の協力のもと、トランペットの禁断の挑戦とも言える、現行マウスピースの徹底比較を敢行。3名のプロ奏者の方々に、21本×3サイズ+α=67本の試奏をしていただいた。全コメントはTHE TRUMPET 創刊号をご覧いただきたい。

試奏プレイヤー

Bach 10 1⁄2C相当▶中野勇介/ Yusuke Nakano
Bach 5C相当▶ 奥村 晶/ Sho Okumura
Bach 1 1⁄2C相当▶オッタビアーノ・クリストーフォリ/ Ottaviano Cristofoli




マウスピースの試奏にあたって

今回の試奏は、カップの深さが中庸であるBachの10 1⁄2C、5C、1 1⁄2C、を基準として、3つのサイズに相当するマウスピースを、ブランドごとに厳選収集。普段から各サイズのマウスピースを使用する3名のプロ奏者に、試奏していただいた。
できる限り公平を保つため、各奏者、全マウスピースについて等しく下記の質問を行なった。


Q 口当たり(リムの形状や感触)と吹奏感
Q 音色の傾向
Q 音の立ち上がりや響き
Q 向いているジャンル、または環境


また、試奏に使用した楽器や、普段使っているマウスピース、各奏者の好みも併記しているので、コメントを読み解く手助けになればと思う。無論それでも、骨格、唇、アンブシュア、楽器とのマッチングなど、個人個人でまったく違うことは大前提であるため、各奏者のコメントはあくまでも参考として捉えつつ、理想のマウスピースを見つけ出すひとつのきっかけになれば幸いだ。

 

 

【試奏したマウスピース】
Bach:10 1/2C、5C、1 1/2C

Yamaha:TR8C4、TR11C4、TR16C4

Tilz BAKO:10 1/2C、5C、1 1/2C

Schilke:6A4a、14C2、16C4

Laskey:30S、60C、75C

Hammond Design:7ML、6ML、4ML

Brand:7C、5C、1 1/2C

OBRAC:18/81PR、15、13

BEST BRASS:TP-7D、TP-3C、TP-1B

Denis Wick American Classic:7C、5C、1.5C

Bob Reeves Classical Series:10 1/2C、3C、1 1/2C

Bob Reeves:40S、42C、43B

Marcinkiewicz:E5、E9.6、B5

NY Classic:10C、7C、6C

GR:63M、66L、67LX

JK:10 1/2C、5C、1 1/2C

Greg Black:10S、7S、1C

BUSH:M3D、W3、WX3D

MOMO SPECIAL MOUTHPIECE:8C、12C16C

aS:10 1/2C、5C、1 1/2C

PICKETT BRASS:DOC、5C、1 1/2C

JET TONE:BC MODEL

JET TONE:DS MODEL

LEGENDS SERIES :Louis Armstrong
MOMO VL Series:12CVL

【関連雑誌・キーワード・アーティスト】

中野勇介 奥村 晶 オッタビアーノ・クリストーフォリ





ヤマハトランペットの歩みを川崎憲三氏が語る![後編

10.25.19

世界的な総合楽器メーカー、ヤマハ。その管楽器製造部門の歴史は、トランペットから始まった。1966年、初代


ピアニスト海野雅威が綴る 朋友ロイ・ハーグローブへ

10.30.19

現代トランペット界きってのカリスマだったロイ・ハーグローヴが、突然この世を去ってから間もなく一年を迎えよ

THE COMING EVENT

今後のトランペットイベント


>>もっとみる

PICKUP

おすすめ記事




画像
ENTRY

THE TRUMPET vol.4 | 読者プレゼント

アンケートに答えて応募しよう




画像
ARTIST

現代のトランペット・ヒーロー、ロイ・ハーグローヴ本誌未掲載インタビュー!

インタビュー嫌いで知られるNO.1人気トランペッターの最新ヴォイス│THE TRUMPET#01


画像
REVIEW

THE TRUMPET vol.1 付属CDトラックリスト

テレビ、ラジオ、CMなどで耳馴染みのトランペット名曲が目白押し!





TRUMPET ONLINE


ページトップへ