画像

これを付けて練習を重ねれば 自分自身をより良い方向へ導いてくれる 佛坂咲千生×リーフレック

THE TRUMPET #02 | GEAR

オランダ発、管楽器の響きと音量を増幅させるアイテムとして、世界各国で話題となっている『リーフレック』。楽器の垣根を超え、すでに名だたる奏者たちがその効果を認め愛用している。今回はクラシックトランペット界の重鎮、佛坂咲千生氏にリーフレックを体験してもらい率直な感想を聞いた。
取材協力:島村楽器株式会社/武蔵野音楽大学

 

楽器のジョイント部分にブリッジさせることで、音の伝達を向上させ音響を改善するアイテム。

【リーフレックとは?】

1. 木管、金管問わずすべての管楽器で使用可能。

2. 音量、響きがアップし、音が360°全方向に飛ぶようになる。

3. 元は音程改善を目的に造られたアイテムで、初心者でも効果を実感できる。

4. 多彩な素材と各楽器に対応したサイズから選ぶことができる。

 

 

あぁ、これは良い。断然吹きやすくなりました。

多彩な素材からまずは何を選べば良いのだろうか。オーソドックスなセッティングは、楽器本体の素材とリーフレックの素材を合わせること。“ブラス”から順に各素材を試してもらった。

 

ブラス
真鍮を採用したオーソドックスなモデル

佛坂 なるほど。音の輪郭が変わりましたね。エッジが付いていたものが、やわらかく優しい印象になりました。良い抵抗が生まれて吹奏感も良好です。全音域で吹きやすさを実感できます。付けたことによりタンギングが重くなることもありません。第一印象はとても良いですよ。

 

シルバープレート
レッドブラスに銀メッキを施したモデル

佛坂 これ、好きですね。より音の輪郭が丸くなり、吹奏感も僕にはこのくらいがちょうど良い。ホールで音を響かせるためのクラシカルな音づくりがしやすいです。ジャンルを跨いでも使いやすそうですね。

 

レッドブラス
銅を採用したモデル

佛坂 これはこれでコパー(銅)らしい、ダークで良い音がします。個人的にはシルバープレートの方が好きですが、そこは人それぞれ好みでしょう。

 

ソリッドシルバー
銀(Ag925)を使用したモデル

佛坂 シルバープレートとだいぶ印象が違いますね。抵抗感が増して、音に重みが出ます。

 

ゴールドプレート
ソリッドシルバーに金メッキを施したモデル

佛坂 こちらも抵抗感が増して、重みが出ますね。グッと圧をかけても受け止めてくれて、吹きやすい。ジャズやポップスなど、はっきりとした音やハイトーンを求められる場面で活躍してくれるでしょう。

 

ソリッドゴールド
金を使用した贅沢なモデル

佛坂  ゴールドメッキのトランペットは艶があり独特の響きを持っていますが、その要素を感じます。このサイズで素材が変わっただけなのに、こうも変化があると、面白いですね。

 

フリューゲルホルンでも試してみました

佛坂咲千生,リーフレック,フリューゲルホルン

N響を引退したときにメンバーがプレゼントしてくれたもので、素材はコパーです。大変思い入れが強い、自慢の楽器です。

 

レッドブラス+ゴールドプレート
レッドブラスに金メッキを施したモデル

佛坂 佛坂 これは吹きやすい。ちょうど良い抵抗感で、付けたほうが断然吹き心地が良くなりました。トランペットはシルバープレートが好みでしたが、やはり楽器との相性はありますね。

 
佛坂咲千生,リーフレック,フリューゲルホルン

求められるサウンドによってサウンドや抵抗感を調節できる

──いくつかの素材を試してみて、いかがでしたか?

佛坂 素材による傾向の違いは明確に感じました。オーケストラのプレイヤーにとって、やはり重視するのはホールトーンです。音がフォーカスされすぎると、弦楽器群と相反するサウンドになってしまいブレンドしてくれない。反対にクラシック以外の現場ではまた求められるサウンドが異なるので、人によって選ぶ素材は変わってくるでしょう。求める音、用途、あとはその人の好みで、まずは試してみて自分に合うものを見つけるのが良いと思います。ジャズやポップスのリードトランペッターにとっては、楽器、マウスピースに加えてさらにリーフレックで抵抗感を調節できるので、可能性が広がりますね。

ホール演奏やアンサンブル、いろいろな場面で使ってみたい

──トランペット、フリューゲルホルンともに変化に驚かれていましたね。

佛坂 吹くたびに印象が変わっていくので、面白かったですよ。どの楽器もそうだと思いますが、良いと感じたものを手にして吹いていくうちに、吹き手がそれに慣れて順応していくもの。リーフレックも同じです。最初に吹いたときと次に吹いたときを比べても違う。付けたから良い音がすぐに自分のものになるのではなく、「これが良い」と感じたものを付けて練習を重ねることで、自身の可能性が広がり、より良い方向へと導いてくれるアイテムです。僕自身も今後ツアーの予定が多くありますので、ぜひいろいろな場面で使ってみたいですね。

 

リーフレック 全国楽器店にて販売中。アルソオンラインでも取扱い開始!

リーフレックJAPN FaceBook: https://ja-jp.facebook.com/lefrequejapan/

 

lefreQue リーフレック

>> lefreQue

【関連雑誌・キーワード・アーティスト】




ヤマハトランペットの歩みを川崎憲三氏が語る![後編

10.25.19

世界的な総合楽器メーカー、ヤマハ。その管楽器製造部門の歴史は、トランペットから始まった。1966年、初代


ピアニスト海野雅威が綴る 朋友ロイ・ハーグローブへ

10.30.19

現代トランペット界きってのカリスマだったロイ・ハーグローヴが、突然この世を去ってから間もなく一年を迎えよ

THE COMING EVENT

今後のトランペットイベント


>>もっとみる

PICKUP

おすすめ記事




画像
ENTRY

THE TRUMPET vol.4 | 読者プレゼント

アンケートに答えて応募しよう




画像
ARTIST

現代のトランペット・ヒーロー、ロイ・ハーグローヴ本誌未掲載インタビュー!

インタビュー嫌いで知られるNO.1人気トランペッターの最新ヴォイス│THE TRUMPET#01


画像
REVIEW

THE TRUMPET vol.1 付属CDトラックリスト

テレビ、ラジオ、CMなどで耳馴染みのトランペット名曲が目白押し!





TRUMPET ONLINE


ページトップへ