サックスオンライン_サックス奏者ガイド|須川展也|Nobuya Sugawa須川展也│Nobuya Sugawa
画像

須川展也 |
Nobuya Sugawa

PROFILE使用楽器掲載記事 ライブ情報ディスコグラフィ
PROFILE プロフィール

日本が世界に誇るサクソフォン奏者。そのハイレベルな演奏と、自身が開拓してきた唯一無二のレパートリーが国際的に熱狂的な支持を集めている。デビュー以来、長年にわたり同時代の名だたる作曲家への作品委嘱を続けており、その多くが国際的に広まっている。近年では坂本龍一『Fantasia』、チック・コリア『Florida to Tokyo』、ファジル・サイ『組曲』『サクソフォン協奏曲』等。東京藝術大学卒業。第51回日本音楽コンクール、第1回日本管打楽器コンクール最高位受賞。出光音楽賞、村松賞を受賞。98年JTのTVCM、02年NHK連続テレビ小説「さくら」のテーマ演奏をはじめ、TV、ラジオへの出演も多い。89年から2010年まで東京佼成ウインドオーケストラのコンサートマスターを務めた。最新CDは16年発売の「マスターピーシーズ」(チック・コリア/ファジル・サイ/吉松隆)。トルヴェール・クヮルテットのメンバー、ヤマハ吹奏楽団常任指揮者、イイヅカ☆ブラスフェスティバル・ミュージックディレクター、静岡市清水文化会館音楽アドバイザー&マリナート・ウインズ音楽監督。東京藝術大学招聘教授、京都市立芸術大学客員教授。

レコーディングでは国内外のレーベルから約30枚に及ぶCDをリリース。新作の紹介に留まらず、ロン・カーターやマーティン・テイラーなど、他ジャンルの巨匠と共演したものもある。
NHK交響楽団をはじめ日本のほとんどのオーケストラと共演を重ねており、また海外ではBBCフィル、フィルハーモニア管、ヴュルテンベルク・フィル、スロヴァキア・フィル、イーストマン・ウインド・アンサンブル、パリギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団など多数の楽団と共演している。
1989-2010年まで東京佼成ウインドオーケストラ・コンサートマスターを22年余り務めた。96年浜松ゆかりの芸術家顕彰を表彰されるほか、09年より「浜松市やらまいか大使」に就任。2016年度静岡県文化奨励賞受賞。
2014年にデビュー30周年を迎え、東京文化会館大ホールでの記念公演は完全完売の大盛況となった。最新CDは2016年発売の「マスターピーシーズ」(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)。2014年には著書「サクソフォーンは歌う!」(時事通信社)を刊行。
これまで海外25ヶ国以上でリサイタルやマスタークラスを行っている。2017年5月にはアメリカ・メキシコ・コロンビアの南北アメリカ大陸縦断ツアーを敢行。非の打ちどころのないハイレベルな演奏と、唯一無二かつ最先端なレパートリーの両方が各地で熱狂的な支持を集め、「伝説的奏者」「サクソフォン・ヒーロー」「最も評価されるべきサクソフォン奏者の一人」等の評価を集めた。
2017年に結成30周年を迎えたサクソフォン四重奏団トルヴェール・クヮルテットのメンバー。また現在、ヤマハ吹奏楽団常任指揮者、イイヅカ☆ブラスフェスティバル・ミュージックディレクター、静岡市清水文化会館マリナート音楽アドバイザー&マリナート・ウインズ音楽監督、東京藝術大学招聘教授、京都市立芸術大学客員教授を務めている。

COLUMN 掲載記事
画像

vol.50「“サックス大国日本”をさらに盛り上げ...

01.31.20


画像

vol.49「“サックス大国日本”をさらに盛り上げ...

01.24.20


画像

vol.48「もう一歩進んだ合奏術を身につけよう」...

01.18.20


画像

vol.47「サクソフォーンの新しいレパートリー、...

01.10.20


INSTRUMENT 使用楽器
SOPRANO
ヤマハ YSS-875EXG,
MOUTHPIECE
セルマー S90-170,
LIGATURE
REED
バンドーレン トラディショナル 3,
CASE
ALTO
ヤマハ YAS-875EXG,
MOUTHPIECE
セルマー S90-170,
LIGATURE
ハリソン,
REED
バンドーレン3〜3½、リコ クラシック 3〜3½,
CASE
TENOR
ヤマハ YTS-875EXG,
MOUTHPIECE
セルマー S90-170,
LIGATURE
REED
バンドーレン3½,
CASE
BARITONE
ヤマハ YBS-62,
MOUTHPIECE
ルソー 4R,
LIGATURE
REED
バンドーレン3,
CASE
影響を受けたアーティスト

ダニエル・デファイエ

(NHKのテレビで観たデファイエSAX四重奏団の素晴らしい演奏に感動)

影響を受けたアルバム

ビゼー

『アルルの女組曲』

■印象に残っている演奏

日本で開催のサックスコングレス

■主に使用した、おすすめの教則本

大室勇一「サクソフォーン教本」(ドレミ楽譜出版社)、須川展也「うまくなろう! サクソフォーン」(音楽之友社)


メニューリスト