画像

サックスを始めたきっかけ

GAMO & 谷中敦(From 東京スカパラダイスオーケストラ)

(2010.02.12インタビュー)

憧れたプレイヤー

GAMO 憧れのプレイヤーは、ソニー・ロリンズですね。東京に出てきて間もないころ、新宿ピットインという老舗のジャズライブハウスでバイトをさせてもらったんですが、当時はブルーノート東京もまだないですから、いろんな名手が出演するわけです。そこで、働きながらホーンセクションの音を生で聴いてきたのが大きな財産ですね。当時は耳コピもしましたけど、遅回しになるような便利な機械もなかったですから、速いフレーズが出てきたりすると「オイオイ、マイケル・ブレッカーさん、これどうやって吹いてるの?」って時間をかけてやってましたね。

谷中 サックスを始めるときは、憧れのプレイヤーはいませんでした。というか、あまりよくわからなかった(笑)。バリトン買ったらバンドに入れてやると言われて、買ったんです。むちゃくちゃなところからサックスの世界に入ってるので、バリトンの名プレイヤーがたくさんいるってことをだんだん知っていきました。 ジェリー・マリガンはスムースだけどこんなふうに吹くのは大変だなと思ったり、逆にバリトンらしい音色のほうが僕は好きだと思ったり。ロニー・キューバーを聴いて、この人はバリトンらしい音だし、ロックな感じもあってラテンのバンドにも参加していてかっこいいなと思った。彼には一度1時間くらい教わったことがあるんですが、小さい鍵盤で彼がジェームズ・ブラウンの曲を弾いて「これに合わせてソロを吹いてみろ」と言われて、吹いてるうちにあっという間に1時間終わってしまった(笑)。「今の音いいね」とか言ってくれてるうちに終わっちゃって、最後に「バリトンは歌を歌うように吹いたほうがいいよ」と言ってレッスン終了でした(笑)。面白かったですよ。

 

 

サックスを始めたころにぶつかった壁>>


1   |   2   |   3   |   4   |   5      次へ>      
【関連雑誌・キーワード・アーティスト】

東京スカパラダイスオーケストラ 谷中敦 GAMO




ヤナギサワが放つ、衝撃のネック止めネジがついに発売

09.13.19

奏者の間で“音や吹奏感が変わる”と話題のネック止めネジが、なんとあのヤナギサワか
続きを読む>>

内なる世界の旅人 D.マスランカの生涯とその作品群

06.11.19

2017年に惜しくもこの世を去った偉大なる作曲家デイヴィッド・マスランカ。その実息であるマシュー・マスラ
続きを読む>>



メニューリスト