サックス記事

チャーリー・パーカーに学ぶ ビバップ奏法研究

Study of PARKER’S “BEBOP”

今号の特集では、モダンジャズの開祖、チャーリー・パーカーの演奏から多くを学ぶべく、フレーズ分析からその引用例、発展のさせ方、レパートリー実践、ビバップフレーズの練習方法まで紹介する。解説してくれるのは、日本を代表するジャズ・アルト奏者、池田 篤氏と、チャーリー・パーカーに影響を受けてジャズ・アルトを始めたというネオ・バッパー、竹内郁人氏。

1   |   2   |   3   |   4   |   5      次へ>