THE SAX vol.110│Disc Review【JAZZ】

「Precious」宮里陽太

「Precious」宮里陽太

【QYCL-10026】¥3,000
テンダベリー&ハーヴェスト
[演奏]宮里陽太(Sax)、宮川純(Pf)、川村竜(Bass)、山田玲(Ds)
[収録曲]Gin de Paris、But Not For Me、Because He Loves All、It’s On Me、Precious (Ver.2)、Get Ready、Relief、8/12(Eight Twelfths)、Ray’s Pizza、Beauty In All

 

ジャズ・サックス・プレイヤー宮里陽太の待望の最新作が発売。宮里は2006年に洗足学園音楽大学のジャズコースを卒業。Battito del Soleや古地克成(Ds)率いるEarthday Jazz Quintet(E.J.Q)、4サックスのGeneration GAPなどで活動し、2014年にデビューアルバム「Plesure」を発表。2011年から山下達郎のコンサートツアー、2014年から竹内まりやのコンサートツアーに参加している。セルフ・プロデュースによる4thアルバム「Precious」は、オリジナルを中心にストレートアヘッドなJAZZを聴かせてくれる会心のアルバム。