サックス記事

タワレコ!「We Are Sent Here By History」

THE SAX vol.100

タワーレコードのバイヤーお勧めの1枚をご紹介!

「We Are Sent Here By History」Shabaka & The Ancestors

[UCCI-1047]ユニバーサルミュージック
[曲目]They Who Must Die、You've Been Called、Go My Heart, Go To Heaven、Behold, The Deceiver、Run, The Darkness Will Pass、The Coming Of The Strange Ones、Beast Too Spoke Of Suffering、We Will Work (On Redefining Manhood)、'Til The Freedom Comes Home、Finally, The Man Cried、Teach Me How To Be Vulnerable
[演奏]Shabaka Hutchings(Ts,Cl)、Mthunzi Mvubu(As)、Ariel Zomonsky(Bass)、Gontse Makhene(Perc)、Tumi Mogorosi(Ds)、Nduduzo Makhathini(Fender Rhodes)、Thandi Ntuli (Pf)他

 

1984年、ロンドン生まれの新世代のサックス奏者、シャバカ・ハッチングスが率いるグループの一つ、ジ・アンセスターズのセカンド作にしてメジャーデビュー作。両親が東カリブ海の島国バルバドス出身というルーツを持ち、そんなバックボーンが独自のブラック・ミュージックを構築。本作ではディープ・アフリカンなスピリチュアル・サウンドを展開。その中をどこかメッセージ性の強いシャバカのサックスのブロウが響き渡る。

(文:タワーレコード 馬場雅之)

タワーレコード公式サイト

 

シャバカ・ハッチングス