サックス記事
THE SAX vol.109

「リターン・フロム・ザ・スターズ」Mark Turner

タワーレコードのバイヤーお勧めの1枚をご紹介!

「リターン・フロム・ザ・スターズ」Mark Turner

[UCCE-1191]ユニバーサルミュージック
[曲目]リターン・フロム・ザ・スターズ、ターミナス、ブリッジタウン、イッツ・ノット・オールライト・ウィズ・ミー、ナイジェリア II、ウェイスト・ランド、アンアクセプタブル、リンカーン・ハイツ
[演奏]マーク・ターナー(Sax)、ジェイソン・パルマ―(Tp)、ジョー・マーティン(Bass)、ジョナサン・ピンソン(Ds)

 

ECMでの初リーダーのカルテット作「Lathe of Heaven」(2014)以来、2作目となった実力派サックス奏者マーク・ターナーの最新盤。今回もサックス、トランペット、ベース、ドラムスというピアノレス編成ながら、メンバーはベースのジョー・マーティン以外一新。和音楽器がない分、サックス+トランペットのハーモニー感覚と、自在に動きまわるリズム・セクションのスペイシーな音空間を生かしたディープな音楽を展開。

(文:タワーレコード 馬場雅之)

タワーレコード公式サイト