吹奏楽wind-iオンライン記事:須川展也のShall We SAX!|vol.19「サックスセクションのための練習計画 上級編」
画像

vol.19「サックスセクションのための練習計画 上級編」

THE SAX vol.41(2010年5月25日発刊)より転載

最近のスガワ

こんにちは。皆さん、楽しくサックスライフをお過ごしでしょうか。
今回はちょっとお知らせから入らせてください。毎年7月7日に、僕が所属するコンサートイマジンが主催する一大コンサート「イマジン七夕コンサート」が開催されています。コンサートイマジンに所属する素晴らしい音楽家が次から次に登場する贅沢な企画なのですが、今年はちょっと趣向が変わって、オーケストラとソリストのステージになります。ソリストはピアノの山田武彦さん、ギターの渡辺香津美さん、バンドネオンの小松亮太さん、そして僕。普段は違ったフィールドで活動しているソリストがいろんなスタイルの「協奏曲」を演奏します。僕が演奏するのは吉松隆さんの『サイバーバード協奏曲』。毎年サントリーホールで行われている人気コンサートです! ぜひ皆さんもお越しくださいね。

 

 

サックスセクションのための練習計画 上級編

さて今回は、「サックスセクションのための練習計画」上級編として、個人練習の中身をどうするか、ということに触れてみましょう。

まずは、自分がどれだけの時間を練習に費やせるのかを考えます。そして、それをきちんと配分することが大事です。すべての練習時間を10とすると、そのうち2割をウォーミングアップ、ロングトーン、音出しのチェック。3割をエチュード、教則本。あとの5割を曲の練習。もしくはその中に、基礎練習やエチュードの中でどうしても制覇しないといけない部分に特化する練習に当てます。

その「特化する練習」とは一体どんなことでしょう? まずやっておいてほしいことからお話しします。サクソフォンという楽器は、基本は2オクターブ半という狭い音域しか出ません。まず与えられたその2オクターブ半という音域を、下から上までまんべんなく鳴らせることが大切です。吹奏楽のバンドでサックスを吹いている人に注意してほしいのは、コンサートで演奏する曲だけを練習していると、その曲で使われる音域ばかりがトレーニングされ、あまり使われていない音のコントロールにムラができやすいということ。そうならないためにも、個人の練習時間の中で必ずいろんな調を練習して、全音域を手中におさめるということが、上達のポイントになると思います。

また、バンドで演奏する前には、ひとつの音(BbやA)で全員がチューニングすると思いますが、楽器というのはひとつの音がチューナーに合っていても、その隣の音になるとすでに微妙な音程のずれが出てしまうものなんです。自分の楽器がどういう特徴を持っているのか、自分の楽器を自分で学び、知っておくことも大切ですね。例えばサクソフォンは、オクターブキィを押した上のド#の音程が基本的に高くなります。そして真ん中のド#は低い。最近の楽器はどんどん改良されているとはいえ、完璧な音程を持っている楽器を作ることは非常に難しいんですね。サックスに限らず、どの楽器にも音程が低いとか高いとか、音が開いたりこもったりするというようなクセがあるものです。なぜそれを知っておかなければいけないのでしょう? 例えば4小節くらいの短いソロの部分に、そのクセのある音がひとつでも出てくると、そこで音色のムラができてしまい、フレーズの繋がりが悪くなってしまうことがあるからです。例えば真ん中のド#は音色のコントロールが難しいので替え指を使うとか、その前後の音でどの指を使うとか、練習時に研究しておくことで、いざというときにその欠点を克服するための技を使うことができるわけです。

次に、「個人的に特化した練習」について。よく「基礎ができないと応用ができない」と思う人がいると思います。もちろん初歩からひとつずつ克服して上達していくことは大切ですが、いつになっても曲が吹けないと考えたら、気が遠くなってしまいそうですね。僕の考えとしては、ある程度吹けるようになったら、ちょっとだけ背伸びしてみるのもいいんじゃないかと思います。たとえば「フラジオ出してみたいな」と興味を持った時。今はTHE SAXをはじめ、インターネットなどでもやり方を知ることは簡単です。そしてトライしてみる。やっぱり難しいな……と感じた時に、逆に基礎練習のありがたみも分かってくると思うんです。興味を持った時こそがチャンスなんです! 奏法だけじゃなくて、ちょっと難しい曲にチャレンジしてみることでも、同じ効果があると思います。完璧ではなくても疑似体験することによって、また新しい目的がみつかる、ということですね。

僕が今、プロとして演奏させていただく時に実感するのは、自分の口の中やアンブシュアの柔軟性を持っていることが大切だということ。例えば、オーケストラや吹奏楽の前でコンチェルトを吹くときは、もちろんマイクはありませんから、「どういう音を出したら響くのか」ということを考えなければなりません。そこで、柔軟な身体で、無駄な力が抜けていること。そうすればすごく楽器が鳴るんです。僕は体があまり大きくありませんが、重厚な音を出すことができるようになったのは、結局、基礎練習中につかんだ柔軟性なんですね。そしてこの柔軟性をモノにできた練習法というのが、実はハイテクニックなことに興味を持ち、挑戦したことです。自分の口の中の状態に神経を使うことによって、自然に発見することができた。つまり、この時の本来の目的(ハイテクニック)を成就させるため、いろいろと研究するうちに柔軟性が生まれ、コントロールできるようになった、ということです。だから僕は、「ある程度できる人はちょっと背伸びをしてみたらいいんじゃないか」といつも言っているんです。

吹きたいフレーズがどうしてもできないときには、基礎練習の時にやっていたことが大きなヒントになることがあります。アンブシュアが深すぎたら高音の音程や音色のコントロールはできないから、適度ないい場所を探すでしょうし、のどが締まっていればフラジオなどの高い音は出ない。ときにそういう難しいことへチャレンジすることでも、何がツボか(不都合か?)が判断できるようになります。何ができないかに気付くだけでも進歩なんです。できないと分かったことは次へのステップですからね。ベーシックなところを見直すと、そのステップへのヒントが眠っているかもしれません。

 

次回のテーマは「サックス音楽を広めたい!」。
須川さんが自身の使命として掲げるテーマについて語ります。若かりし頃のエピソードも?お楽しみに!

※このコーナーは、「THE SAX」誌で2007年から2015年にかけて連載していた内容を再編集したものです

 

須川展也 Sugawa Nobuya

須川展也
日本が世界に誇るサクソフォン奏者。東京藝術大学卒業。サクソフォンを故・大室勇一氏に師事。第51回日本音楽コンクール管楽器部門、第1回日本管打楽器コンクールのいずれも最高位に輝く。出光音楽賞、村松賞受賞。
デビュー以来、名だたる作曲家への委嘱も積極的に行っており、須川によって委嘱&初演された多くの作品が楽譜としても出版され、20-21世紀のクラシカル・サクソフォンの新たな主要レパートリーとして国際的に広まっている。特に吉松隆の「ファジイバード・ソナタ」は、須川が海外で「ミスター・ファジイバード」と称される程に彼の名を国際的に高め、その演奏スタイルと共に国際的に世界のサクソフォン奏者たちの注目を集めている。
国内外のレーベルから約30枚に及ぶCDをリリース。最新CDは2016年発売の「マスターピーシーズ」(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)。また、2014年には著書「サクソフォーンは歌う!」(時事通信社)を刊行。
NHK交響楽団をはじめ日本のほとんどのオーケストラと共演を重ねており、海外ではBBCフィル、フィルハーモニア管、ヴュルテンベルク・フィル、スロヴァキア・フィル、イーストマン・ウインド・アンサンブル、パリギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団など多数の楽団と共演している。
1989-2010年まで東京佼成ウインドオーケストラ・コンサートマスターを22年余り務めた。96年浜松ゆかりの芸術家顕彰を表彰されるほか、09年より「浜松市やらまいか大使」に就任。2016年度静岡県文化奨励賞受賞。
サクソフォン四重奏団トルヴェール・クヮルテットのメンバー。ヤマハ吹奏楽団常任指揮者、イイヅカ☆ブラスフェスティバル・ミュージックディレクター、静岡市清水文化会館マリナート音楽アドバイザー&マリナート・ウインズ音楽監督、東京藝術大学招聘教授、京都市立芸術大学客員教授。
 
Wind-i MAGAZINE
管楽器リペアガイド コルグ 池袋オペラハウス アトリエMOMO クラリネットリガチャー バスクラリネット エンドピン
YAMAHA
JVC レッスンマスター ナイス・インターナショナル 国立音楽院 アトリエMOMO

THIS WEEK EVENT

─ 今週のイベント ─


>>もっとみる

これから君もユーフォ吹き&チューバ吹き! 我ら、バリチューアンサンブル!

記事一覧 | Wind-i&mini
トピックス | レッスン | イベント | 人物 | 製品