サックスオンライン_サックス奏者ガイド|かわ島崇文|Takafumi Kawashimaかわ島崇文│Takafumi Kawashima
サックスアーティストトップ

かわ島崇文 | Takafumi Kawashima

PROFILEINSTRUMENT LIVE INFODISCOGRAPHYCOLUMN
PROFILE プロフィール

1977年生まれ、13歳からサックスを始め高校卒業後Berklee College of Music へ入学。現地で様々な音楽ジャンルのライブやレコーディングを経験し2000年に帰国。日本では数少ないLAサウンドを彷彿させるSMOOTH JAZZ系サキソフォニスト。帰国後は毎回満員御礼の"Groove Smooth" でのライブ、レコーディングセッション、アーティストのライブサポート等をつとめる。



INSTRUMENT 使用楽器
BODY
ヤマハ YSS-875S 0565,
MOUTHPIECE
セルマー スーパーセッションI、ラニヨン7,
LIGATURE
REED
バンドーレン ZZ3,
CASE
BODY
ヤマハ YAS-82ZWSC69774,
MOUTHPIECE
ビーチラー ダイヤモンドインレイS7S、イシバシ メタル8,
LIGATURE
REED
イシバシ ラ・ヴォーズミディアム,
CASE
BODY
セルマー マーク6 853××,
MOUTHPIECE
ガーデラ MBモデル8,
LIGATURE
REED
アレキサンダー NY3,
CASE
BODY
セルマー マーク6 963××,
MOUTHPIECE
バンドーレン B95,
LIGATURE
REED
リコ 3½,
CASE
LIVE INFO スケジュール
DISCOGRAPHY サウンド
COLUMN 関連記事
画像

多彩なジャンルの演奏が楽しめる!2018年サックス...

11.30.18


画像

バラード奏法の極意〜POPS〜かわ島 崇文...

08.07.15


画像

THE SAX56連動CD サウンド試聴 ...

11.24.12


画像

Pop Musicシーンとアーティスト...

10.02.10


生まれ
血液型
出身国
活動地域
演奏楽器
演奏ジャンル
演奏スタイル
影響を受けたアーティスト

グローヴァー・ワシントンJr.

(自由なタイムフィーリングとソウルフルなソロに憧れました)

影響を受けたアルバム

グローヴァー・ワシントンJr.

「ワインライト」

関連アーティスト
SAXを始めた頃

■音楽ジャンルへの目覚め

■初めて楽器にふれたきっかけ

■現在の楽器を選んだ理由

■愛器のご自慢ポイント

■楽器選びで重視すること

■ケア・メンテナンスの仕方

■リードの保存方法

■よく演奏する楽曲

■印象に残っている演奏

ジェラルド・アルブライトのライブ

(2007年6月 ブルーノート東京)

■いつかやってみたいこと

■ためになった失敗談

■ウォーミングアップ方法

■よく行う練習について

■主に使用した、おすすめの教則本

■おすすめしたいこと

機能性と高級感あふれる外観を両立した本革サックスケ

06.07.19

イタリアのメーカー、マルコ・マギの軽量でコンパクトなケース。本革を使用した「レザー」シリーズは、シンプル
続きを読む>>

内なる世界の旅人 D.マスランカの生涯とその作品群

06.11.19

2017年に惜しくもこの世を去った偉大なる作曲家デイヴィッド・マスランカ。その実息であるマシュー・マスラ
続きを読む>>

実力と美貌を兼ね備えた噂のテナー女子が 満を持して

06.08.19

今年1月にリリースしたジャズ・スタンダードのバラード集「ドーニング・ブルー」で、すでにリーダー・アルバム
続きを読む>>

THE COMING EVENT

今後のサックスイベント


 

ページトップへ

メニューリスト