サックス記事

JAZZ回帰 RETURN TO JAZZ -前編-

時代を巡るジャズの旅。一から学ぶジャズの世界。

ジャズは、アフリカから連れてこられた黒人たちが、アメリカで西欧音楽と出会い生まれた音楽だと言われている。それは一夜にして突然生まれたものではなく、彼らが奴隷として連れて来られたその日からアメリカの大地に種を植え、長い間地中で密かに育み、しかし確実に成長し芽吹いた音楽だった。まさに発芽したての植物のように、厳しい外界に戸惑いながら、時に踏みつけられながらも、純粋に自らが成長することを信じてやまなかった。
100年に及ぶ歴史の中で「自由」と真っ向から戦い、「音楽は人種も文化も超える」ことを自ら証明したジャズ。ここでは、そんなジャズの成長の過程を読み解き、この音楽がどのようにして大樹となっていったかを読みといていこう。
さあ、ジャズを巡る旅に出発だ!

【ジャズのジャンル】
ジャズの成長と発展の過程で、多くのジャンルに枝分かれしていることが、ジャズの世界をわかりにくくさせている原因の一つかもしれない。しかし、時代や背景を知ると一貫したジャズの姿が見えてくる。ここでは数多く分類されているジャンルの中でも主要なものを選択し、それぞれどのような違いがあるのか順を追って紹介していこう。

[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2   |   3   |   4   |   5      次へ>