サックス記事
THE SAX vol.108 特集2

模範演奏プレイヤー 安藤康平インタビュー!

今号もダウンロード形式でお届けする誌面連動の付属音源。今回のラインナップは海外曲・国内曲を問わず、古くは1970年代から現代2020年代まで、時代も洋の東西も超えて幅広く選曲したダンスミュージックのナンバーだ。次のページから掲載する楽譜と演奏アドバイス、そしてダウンロード音源の模範演奏を参考にカラオケ音源を使って新たなレパートリーにチャレンジしてほしい。演奏をお願いしたのは、本誌でもお馴染み最近ではソロプロジェクト“MELRAW”や昨年末の『紅白歌合戦』にも出場した話題のバンド“millennium parade”のメンバーとしても活躍する若き俊英、安藤康平だ。ここではレコーディングを終えてのインタビューの模様をお届けしよう。


 
今回はダンスミュージックをテーマにした選曲でレコーディングしていただきましたが、こういったタイプの音楽を演奏される機会はありますか?
安藤
結構ありますね。ダンサーさんのイベントにコラボしてバンドとして演奏するなんてことも時折あったりします。
安藤さんは正統派のジャズを勉強されてきたプレイヤーというイメージもあるのですが、こういったダンス音楽に親しんだ経験は?
安藤
むしろ趣味で聴いていたのは、こっちのタイプの音楽ですね。ジャズは勉強のために聴くようになったという感じで。僕は中学・高校と一貫校で部活がビッグバンドだったので、カウント・ベイシーを始めとするビッグバンドのジャズは好きで聴いていたんですが、ビバップなどには若い頃は惹かれませんでした。実はサックスという楽器を初めて意識したのはアース・ウインド&ファイアーなんですよ。物心つくかつかないかの頃ですけど、アースの来日公演の模様を収録したレーザーディスクを父親が持っていて、それを家で観ていてサックスというものを知りました。それと同時期に映画「ブルース・ブラザーズ」もサックスや管楽器を認知するきっかけになりました。なので原点はソウル、R&Bなどのブラックミュージックですね。

>>次のページへ続く

PROFILE
安藤康平 Kohei Ando

1989年生まれ。幼少より様々なジャンルの音楽と楽器に親しむ。中学入学とともにJazz Saxを独学で始め、多くのバンドに参加し演奏経験を積む。音楽大学へ進学し理論、奏法を小濱安浩、池田篤、勝田一樹の各氏らに師事。また2010年に単身渡米。ニューヨークのミュージシャンと親交を深め、多くのセッション、ライブに参加。R&B/ソウルのメッカ“Village Underground”のセッションにて好評を博し、毎週のホスト演奏に参加する。帰国後は日本を代表するジャズピアニストであるクリヤマコト氏の主催するコンテストで準グランプリを受賞し、同氏とBlue Noteにて共演を果たす。“第42回山野ビッグバンドジャズコンテスト”において最優秀ソリスト賞を受賞。さらに同年“東海ビッグバンドコンテスト”においても同じく最優秀ソリスト賞を受賞する。2012年より東京に活動の拠点を移し、サックス以外にもフルート、ギター、トランペット、シンセサイザー、MPCなどを操るマルチインストゥルメンタリストとして米津玄師、WONK、KING GNU、kiki vivi lily、ものんくる、TENDRE、Friday Night Plansなどの同世代のポップス、バンドシーンから、ISSUGI、唾奇、KANDYTOWN、ShurknPapなどHIP-HOPシーンなど幅広く活動。またChara、KIRINJIを始め数多くのアーティストのライブ、レコーディングに参加。2017年より待望のソロプロジェクト“MELRAW”をスタート。プレイヤーとしてだけではなくコンポーザー、アレンジャーとしても数多くのアーティストの作品、ライブに参加。KING GNUの中心人物 常田大希による大型プロジェクト“millennium parade”のメンバーであり、オリコンランキング初登場1位を獲得するなど多方面から注目を集めている。

 

【収録楽曲】
[E♭譜]『Virtual Insanity』(ジャミロクワイ)[1996]
[B♭譜]『Make you happy』(NiziU)[2020]
[E♭譜]『September』(アース・ウインド&ファイア)[1978]
[B♭譜]『Choo Choo TRAIN』(EXILE)[2003]
[E♭譜]『Dancing Queen』(アバ)[1976]※定期購読者特典ボーナストラック


THE SAX vol.108 連動音源ダウンロード

雑誌購入者全員*が対象!

安藤康平さんが演奏する『Virtual Insanity』『Make you happy』『September』『Choo Choo TRAIN』演奏とカラオケ音源がダウンロードできる
*定期購読[配本のみ]プラン、定額オンライン[配本セット]プランを含む

SAX CLUB会員限定!

誌面には未掲載の安藤康平氏の模範演奏による『Dancing Queen』音源と楽譜とカラオケ、および連載「サックス名曲!アンサンブル道場」第4回で取り上げたクロード・パスカル『ソナチネ』のAKIマツモトさんによるピアノ伴奏音源がダウンロードできる

・雑誌をご購入の方は、無料会員登録および誌面に記載しているアクセスコードの入力が必要になります。
・定期購読[配本のみ]プランの方は雑誌に同梱の『ダウンロードのご案内』に記載のアクセスコードの入力が必要になります。
・配布期間終了後に定額オンラインまたは定期購読をお申し込みいただいたお客様につきましては、アルソオンライン(info@alsoj.net)までお問い合わせください。

\ダウンロードはこちらから!/

ダウンロード案内

【定期購読(配本のみ)プランの方へ】
音源をダウンロードするためには、アルソオンラインへの会員登録が必要です。電話などインターネット以外で、アルソ出版通信販売部で過去にご注文のある方や、フジサンマガジンサービスで雑誌をご購入いただいた方は、新規で会員登録をせずに、お問合せフォームまたは、info@alsoj.net までメールアドレスとお名前をお知らせください。

【ダウンロードデータ・コンテンツに関して】
掲載されている著作物の全部または一部を、権利者に無断で複製または転載し、頒布し、他に送信することは、著作権の侵害にあたり、著作権法により罰せられます。
ダウンロードデータの提供は予告なく終了することがあります。あらかじめご了承ください。

[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2   |   3      次へ>